JリーグPRESSBACK NUMBER

前田遼一が語った決断の裏側。
「移籍という経験をしたかった」 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byNoriko Terano

posted2015/03/04 10:45

前田遼一が語った決断の裏側。「移籍という経験をしたかった」<Number Web> photograph by Noriko Terano

FC東京のクラブハウスで、リラックスした表情を見せる前田遼一。J1通算137ゴールを決めているFWは、再挑戦のJ1でどんなプレーを見せるのだろうか。

 15年間在籍したジュビロ磐田からこのオフ、FC東京へ移籍した前田遼一選手。

 新シーズン開幕まで1週間を切った3月2日、小平の練習場で話を聞くことが出来た。

 移籍の理由、そして新シーズンへの思いとは?

――昨夜(3月1日)放送されたテレビ番組で、マスコットと共に、踊っていましたよね。寡黙キャラを一新したのですか?

「ハハハハハ。友だちからもそういうメッセージがたくさん来たんですけれど、そういうわけじゃなくて。あのときは、達さん(GK榎本達也)に乗せられて、先輩からのフリを断ることもできなくて、ちょっと乗っかっただけです。でもその反響が大きくて、僕も驚いてる。正直、そんなところで目立ってもしょうがないんですけれどね(笑)」

――初めての移籍となったわけですが、新天地での毎日はいかがですか?

「最初のころはうまくいかなかったですね。簡単なトラップすらできなくなって。心配になりました(苦笑)」

――コンディションの問題ですか? 通常はジワジワとトップコンディションに持っていくタイプですよね。

「確かに今まではそうだったけれど、今回は最初から全開で行かなくちゃという気持ちで準備をしていたんです。なのに何もできなくて……。今は全体の流れもわかってきたし、問題なくやれている。最初はやっぱり独特な緊張感があったのかもしれませんね」

「新しい環境に馴染むのが得意だとは思ってない」

――代表などで共に過ごした選手もいますが、新しいチームメイトとの交流で気を使ったりは?

「特には(笑)。きっと周りからは『変わったヤツだな』とか、話をしない選手だと見られていると思うので、そのイメージに乗っかって、楽をさせてもらっているのかもしれません」

――1月下旬の練習試合を見ても思ったのですが、移籍という変化にも動じない“らしさ”は相変わらずだなぁと。ベテラン選手にこういう物言いは失礼ですけれど、新しい環境に馴染むのが不得意なのかと考えていたので。

「そこは今でも得意だとは思っていないです。ただ、今までも『うまくなりたい』と練習をするなかで、他のチームから“欲しい”と思ってもらえるような選手になりたいという気持ちはあったのだと思います」

【次ページ】 「年齢を考えたとき、もう時間がないんじゃないか」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ジュビロ磐田
前田遼一

ページトップ