F1ピットストップBACK NUMBER

なぜアロンソは今も静養中なのか?
憶測を呼ぶ、マクラーレンの情報隠蔽。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2015/03/03 11:10

なぜアロンソは今も静養中なのか?憶測を呼ぶ、マクラーレンの情報隠蔽。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

バルセロナの病院を退院するアロンソが集まったファンに笑顔で手を振る。その後、スペイン国内にある自宅に戻って療養を続けることが発表された。

 開幕戦へ向けて、最後のテストが終了した。しかし、テストを終えたいまも、F1ファンの多くはマクラーレン・ホンダに対して、煩悶する日々が続いている。

 7年ぶりにF1に復帰するホンダのパワーユニットは、最後の4日間でのテストでも試行錯誤を繰り返すばかりで終わった。だが、ホンダエンジンが開幕戦で本来の力を発揮できるかどうか微妙だからということだけが、F1ファンの不安の原因となっているわけではない。

 いまマクラーレン・ホンダのファン、いや多くのF1ファンたちが心配しているのは、2月22日のテスト走行中にアクシデントに見舞われたフェルナンド・アロンソのコンディションだ。

 アロンソは……事故から1週間以上が経過したいまも、依然として3月13日に控える開幕戦オーストラリアGPへ参加するかどうかが明らかになっていないのである。

 今回の事故で生まれた不信感の主な内容は、マクラーレン側からの情報がアロンソの容態を案ずる者たちにとって決して十分なものとは言えない、ということに尽きる。

マシンのダメージが小さいのにアロンソはヘリで病院に。

 例えば、マクラーレンは事故直後、自チームの公式Twitterで「フェルナンドは意識があり、会話もしている。さらなる検査のために病院に運ばれた」と、ツイートしていた。さらにその後、「フェルナンドが病院にヘリコプターで搬送されたのは、こういった状況下の通常の手順であり、現在、予防的検査を受けている」という内容のリリースも出している。

 しかし、これが逆に不安をあおる結果となった。

 というのも、アロンソが運転していたマシン、MP4-30はそれほどの外的ダメージがなかったからである。

 アロンソの事故は高速コーナーで起きたのだが、事故を起こしたマシンが止まっていたのは、コーナーのアウト側ではなくイン側。しかも、進行方向を向いた状態で止まっており、衝突したコンクリートウォールへは極めて浅い角度で進入しているのである。にもかかわらず、アロンソが意識を失った状態でヘリコプターで病院へ搬送されたとなれば、そこに疑問が生じるのは当然だろう。

【次ページ】 「感電説」「有毒ガス説」には根拠がある!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソ
ジェンソン・バトン

ページトップ