サムライブルーの原材料BACK NUMBER

まだまだ若い、いろいろとトライ。
遠藤保仁が語った「意欲と度胸」。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/02/05 10:30

まだまだ若い、いろいろとトライ。遠藤保仁が語った「意欲と度胸」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

国際Aマッチ出場数152は世界歴代14位。現役ではイケル・カシージャス(スペイン)の160に次ぐ数字だ。

 胸に「150」の数字が大きく刻まれたユニホームを着た遠藤保仁が宙を舞った。

 あれはブリスベンの夜、グループリーグ第2戦のイラクに勝利した後のこと。

 国際Aマッチ150試合出場に、チームメイトから祝福の胴上げがサプライズとして待っていた。

 日本歴代トップのキャップ数を誇る遠藤が試合に出れば、すなわち記録更新になる状況だった。「150」はドイツの鉄人ローター・マテウスに並ぶ数字。日本に目を戻せば2位の井原正巳は122キャップで、現代表になると、90キャップに届いた者もまだいない。いかに偉大な記録なのかがよく分かる。

「自分のなかでは、まだまだ若いと思っています」

 遠藤はこのイラク戦に向けた前日会見に、ハビエル・アギーレ前監督とともに出席している。

 八百長疑惑に関する質問に指揮官がピリピリした雰囲気を漂わせていたが、遠藤の持つ何となくホンワカした空気が、場の緊張感を緩めていた。

 記者会見の席で、35歳を目前にしてなお伸び続ける要因を問われた彼は「よく分かりません」と苦笑いを浮かべた後でこう言葉を続けた。

「自分のなかでは、まだまだ若いと思っています。周りの方々のサポートのおかげでもありますし、自分のなかでは常に向上心を持っていろいろとトライしているので、それが良い方向にいってるんだと思います」

 まだまだ若い、いろいろとトライ。

 ゲームメイクもさることながら、最近では前線にポジションを移し、ゴール前へ飛び出していく意識も強めている。守備に対するより高い意識もそうだ。経験にあぐらをかくことなく、貪欲にあらゆる要素を求めていく。150キャップを積み上げてきた今も、その姿勢が変わることはない。

【次ページ】 出場した150と同じくらい大切な、出られなかった試合。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
遠藤保仁

ページトップ