スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

中央大学をまたも襲った箱根の試練。
4年生の言葉に確信した復権の気配。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2015/01/09 10:40

中央大学をまたも襲った箱根の試練。4年生の言葉に確信した復権の気配。<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

10区を走った多田要は、19位に5分以上離された区間最下位。それでも、中央大の選手たちの表情は復活を予感させるものだった。

 今回の箱根駅伝、閉会式場で頭が下がる思いがした学校があった。

 中央大学である。

 中大は前々回、5区で途中棄権。28年連続で獲得していたシード権を失う結果になった。昨年も苦戦を強いられ15位。今季は夏場に主力に故障が相次ぎ、卒業生までも「本戦に出られないのでは?」と不安を覚えていたが、夏合宿、予選会、そして初冬と取材を重ねるうち、私は「1区、2区で流れに乗れば、中大はシード権を取れる」と確信するにいたった。

 なぜなら、季節が深まるにつれ、選手たちの表情が豊かになっていったからだ。

 夏の菅平では、主将の永井秀篤はまだ出遅れていて、別メニューで練習を進めていた。永井は一昨年の箱根で、復路の8区でナンバーワンのタイムをたたき出していたが、途中棄権していた中大はオープン参加という扱いになり、区間賞は授与されなかった経験を持つ。

「練習で主将としての役割が果たせていないのが、悔しいです。それでも、4年生はじめ、上級生が危機感をプラスに変えているので、今年は楽しみなシーズンになると思います」

予選会を7位で突破、キッカケはつかんだ。

 浦田春生監督は、「負の連鎖」から抜け出すキッカケを求めていた。

「昨年は、選手たちに途中棄権したイメージが心の中に残っていたように思います。それを取り除いてやれなかった。それでも、今季はトラックでもいいタイムが出始めていますし、“きっかけ”さえあれば、波に乗っていけると思うんですが」

 秋、収穫が始まった。9月の日本インカレでは、エースの新庄翔太が5000mで表彰台に立った。

 箱根駅伝の予選会では主力を欠きながらも、7位通過。この直後、合宿所で話を聞くと、北元雄主務が、

「みんな、これでキッカケをつかめたと思います。箱根、楽しみにしていてください」

 と話してくれた。

【次ページ】 箱根駅伝、10区・多田要に起きた異変。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
中央大学
永井秀篤
浦田春生
多田要
箱根駅伝

ページトップ