セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエAを揺るがす“2015年問題”。
外国人枠、代表との関係、チーム減? 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/08 10:50

セリエAを揺るがす“2015年問題”。外国人枠、代表との関係、チーム減?<Number Web> photograph by AFLO

問題発言に加え、脱税や職務怠慢で何度も有罪判決を受けているタヴェッキオ会長。その手腕やいかに。

 1月6日のベファーナ祭に合わせて、イタリア・サッカー界は新年のゲームはじめだ。

 カンピオナートは、首位ユベントスと追うローマによるスクデットへの一騎打ちが激化する一方、3位争いが大混戦となりそうな気配だが、今年のセリエAには、シーズン後にも大きなトピックが待ち受けている。

 それが「セリエA2015年問題」とでもいうべき一大リーグ変革だ。

 昨年の11月中旬、イタリア・サッカー協会のタヴェッキオ新会長が提案していたリーグ改革案が、多数の承認を得て、2015-2016年シーズンから適用されることになった。改革の骨子は、以下の3点だ。

・トップチーム登録数最大25人枠の制定
・EU外選手の獲得条件の変更
・クラブ財政の収支均衡化

自国選手保護のための人数規制の効果は?

 このうち、「25人枠」と「EU外選手の扱い」が、来季から現場へ直接与える影響は決して小さくない。

「25人枠」の中には「4+4」と呼ばれる付帯条件がある。セリエAのクラブは、来季からのトップチームに、自らの育成組織出身選手4人とイタリア出身選手4人を含めなければならない。その上で、EU外出身のアンダー世代の新規登録には「サッカーに関係なく両親と移住しており、イタリアの学校に最低4年間の通学歴があること」を義務付けた。

 今やセリエAプレーヤーの半数以上が外国人だ。イタリア協会は自国選手保護のため、人数規制へ舵を切った。

 EU外選手の獲得については、各クラブにつきシーズン最大2人までという基本ルールは変わらないが、移籍市場で本命とする選手の枠を確保するためにダミー扱いの無名選手をキープし、本命の選手を獲得するとすぐに転売するような“裏技”を禁じた。

 また、外国人規制に矛盾するようだが、リーグの競争力維持のために、EU外選手枠は各チームにつき、昨シーズンから1人分増やされた。この「+1枠」での獲得には、代替選手の放出がいらない代わりに、プレミアリーグが設けているような新獲得選手のキャリア査定が施される。

【次ページ】 イタリア人選手の枠が減る可能性も?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ユベントス

ページトップ