ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

代表を落選、クラブでは悪戦苦闘。
それでも大迫勇也は「迎合」しない。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/06 10:40

代表を落選、クラブでは悪戦苦闘。それでも大迫勇也は「迎合」しない。<Number Web> photograph by AFLO

大迫勇也の所属するケルンは1トップを採用している。FW以外での出場を強いられることも多いが、「やりたいのは一番前」という意志は折れていない。

 果たして、誰が想像出来たのだろうか。2部ブンデスリーガ優勝を果たして、昇格したばかりのケルンに加わった大迫勇也が立たされている苦境を。

 W杯が終わった直後、ケルンでの新たな生活をスタートさせる前に大迫はこう話していた。

「ゴール前でシュートまで確実に持って行ける選手にならないといけないし、そこで決める確率をもっと上げないといけない。だから、求められるのは個だよね。そこを上げていくしか、先には進めないと思う」

 大迫はブンデスリーガの前半戦を終えた時点で、第2節のシュツットガルト戦で決めたわずか1ゴールのみ。スタメンに抜擢されたのは6試合に留まり、ベンチ入りメンバーから外れたこともある。そして11月29日のレバークーゼン戦で途中出場して以降は、12月20日のヴォルフスブルク戦に後半38分から出場しただけだ。

 しかも1トップの位置で起用されるチャンスは少なく、多くの試合でトップ下の位置で起用されてきた。

 一体、何が起きているのだろうか。

大迫「説明はいらないから」

 10月30日、ケルンの練習場を訪れた。

 まず、ベンチ入りメンバーからも外れる際には監督から説明があるのか、あるいはその理由などについて、監督のもとに聞きに行くことはあるのかとたずねるとこんな答えが返ってきた。

「いや、説明はいらないから。変な説明をされても嫌じゃない? やるしかない。成長できるでしょ、ここで頑張れば」

 ごく自然な答えだ。むしろ、野性味あふれるストライカーらしさのある答えにも思えた。

 ただ、起用されるポジションについてはどうだろうか。

【次ページ】 確かに大迫は、器用さを持ち合わせてはいるが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ケルン
大迫勇也

ページトップ