オリンピックへの道BACK NUMBER

羽生結弦、復活過程で得た「財産」。
なぜフリー直後に舌を出したのか? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/15 11:30

羽生結弦、復活過程で得た「財産」。なぜフリー直後に舌を出したのか?<Number Web> photograph by AFLO

日本男子史上初のグランプリファイナル連覇をなしとげた羽生結弦。

 圧勝だった。

 12月12・13日にスペイン・バルセロナで行なわれたフィギュアスケートのグランプリファイナル男子シングルで、羽生結弦が優勝した。昨シーズンの福岡大会に続いての連覇である。

 2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)につけた点差は実に34.26。ショートプログラムの94.08点、フリーの194.08点、合計288.16点、そのすべてが今シーズンの世界最高得点と、他を圧倒しての文句なしの優勝だった。

 中国杯の衝突事故による負傷の影響に苦しんだNHK杯から約2週間を経ての今大会、羽生がどこまで調子を取り戻しているかに、まず関心は集まった。

 公式練習で復調の気配を感じさせた羽生が、心配を払拭したのは、ショートプログラムの冒頭の4回転トウループだった。最初の大技を、羽生は本来の力強さで跳んで成功させてみせたのだ。

 後半のトリプルルッツ-トリプルトウループこそやや強引さがあって転倒したものの、復調を確信させる演技で1位に立った。

「跳んだ瞬間に、きた! って思いました」

 フリーでは、最初に予定している2つの4回転ジャンプ、サルコウ、トウループともに、大きな加点を得た。とりわけ、サルコウはこれまでにないほど完成度が高いものだった。

「サルコウは、跳んだ瞬間に、きた! って思いました」

 羽生自身も、会心のジャンプを演技後にこう振り返った。

 後半トリプルルッツこそ転倒したものの、フリーの自己ベストを更新し、歴代でもパトリック・チャン(カナダ)に次ぐ2位の得点をたたき出し、優勝を決めた。

 羽生はNHK杯後、練習でかなり厳しく追い込んできたという。体の回復あってこそだが、練習の中では、NHK杯前にはできなかった通し練習も行なった。思うように練習できなかった状態から劇的に回復し、充実した毎日を過ごせたことが、グランプリファイナルの出来につながっていた。

【次ページ】 羽生が過去にあまり見せてこなかった一面。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
羽生結弦
ハビエル・フェルナンデス

ページトップ