沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ショウナンアデラは凱旋門賞を勝つ?
阪神JF、伸びしろある末脚の可能性。
 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/12/15 11:30

ショウナンアデラは凱旋門賞を勝つ?阪神JF、伸びしろある末脚の可能性。<Number Web> photograph by Kyodo News

2歳牝馬にはタフな輸送競馬にも動じなかったショウナンアデラ。父ディープインパクトも果たせなかった凱旋門賞へ夢は膨らむ。

 これほど2着以下と勢いに差のあるゴールシーンを見たのはいつ以来だろう。

 目の覚めるような末脚で14日の阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神芝外回り1600m、2歳牝馬、GI)を制し、2歳女王の座に「当確」ランプを灯したのは、出走馬中唯一のディープインパクト産駒、ショウナンアデラ(美浦・二ノ宮敬宇厩舎)だった。

 1番人気に支持されたのは、新馬戦を豪快に差し切ったロカだった。ディープインパクトの姪という超良血馬ではあるが、キャリア1戦の馬が押し出されるようにして本命になった事実が、このレースがいかに混戦だったかを物語っている。

 2番人気は札幌2歳ステークス3着、アルテミスステークス2着のレッツゴードンキ、3番人気は2戦2勝のコートシャルマン、4番人気は名牝マックスビューティの曽孫のココロノアイ。ショウナンアデラは5番人気だった。

1番人気のロカ、スタートでキャリアの浅さが出てしまう。

 ゲートがあいた瞬間、ロカはキャリアの浅さを出してしまった。スタートのタイミングが合わず、外にヨレるようにしながら飛び出し、他馬より3馬身ほど立ち遅れてしまったのだ。

 スマートプラネットとアカリアイドルが並走しながらじわっと先頭をうかがい、ムーンエクスプレス、エフェクト、アルマオンディーナらがつづく。これらの先行勢はみな人気薄だ。

 人気どころでは、コートシャルマンがそのすぐ後ろの好位の外目につけ、ココロノアイは中団の内で脚を溜め、レッツゴードンキは馬群のなかを引っ張り切りの手応えで進んでいる。

【次ページ】 後方に控えたショウナンアデラ、実は思惑通りだった。

1 2 3 NEXT
ショウナンアデラ

ページトップ