野ボール横丁BACK NUMBER

沖縄出身の野球選手は大成しない!?
中日・又吉克樹はジンクスを破るか。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/12/05 10:40

沖縄出身の野球選手は大成しない!?中日・又吉克樹はジンクスを破るか。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

新人王は広島の大瀬良大地に譲ったが、又吉克樹の成績は例年なら十分に新人王に値するものだった。沖縄の期待を背負い、出世街道を一足飛びに走っていけるか。

 いよいよ出てきた。そんな感がある。

 沖縄出身のプロ野球選手は大成しない――。そんなジンクスを破る男である。

 今季、中日のセットアッパーとして大車輪の活躍をした中日のルーキー又吉克樹だ。

 67試合に登板し、防御率は2.21。また、リリーフながら9勝を挙げた。新人王こそ逃したが、対抗選手によっては、選ばれても遜色ない数字だった。

 あるスカウトがぼやいていたことがある。

「沖縄の選手には、何度となく裏切られてきたからね……。素質はすごいもんを持ってるんだけど、むらっ気がある」

 沖縄出身の投手は、いいときはいいのだが、それが長続きしない選手が多かった。

 少し前で言えば、阪神の仲田幸司がそうだった。その後で言うと、今年ソフトバンクからヤクルトへ移籍した新垣渚や、ロッテの大嶺祐太もそうだ。素質を生かし切れていない。

 近年では、2年連続で6勝を挙げた巨人の宮國椋丞も飛躍が期待されたが、4年目の今年はわずか1勝に終わっている。

ある球団の投手コーチの「証言」。

 その根底にあるのは、沖縄人的な「なんくるないさ(なんとかなる)」「てーげー(だいたい)」といった県民性だと言われ続けてきた。

 ある球団の投手コーチは沖縄人独特のペースをこう話す。

「ブルペンでも一球一球、投げるのが遅いんだよね。一球投げて、ぼーっとしている。『おい!』って言わないと投げないんだよ」

 しかし、沖縄は女子プロゴルフやプロボクシングなど個人競技の世界では、何人もの傑出したアスリートを輩出してもいる。また高校野球の世界でも近年、沖縄勢の躍進は目覚ましい。ところが、不思議とプロ野球選手になると伸び悩むのだ。

 既述した選手は高校卒業後、すぐにプロの世界に飛び込んだ選手が多い。そのため沖縄人からすると、環境のギャップが大きすぎたのかもしれない。

【次ページ】 人懐っこさの裏に、引っ込み思案が?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
中日ドラゴンズ
又吉克樹

ページトップ