野球善哉BACK NUMBER

大谷翔平がバッター体型に変化中!?
MLBから届いた二刀流への“警鐘”。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/12/03 10:40

大谷翔平がバッター体型に変化中!?MLBから届いた二刀流への“警鐘”。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

日米野球では160kmのストレートでメジャーリーガーに真っ向勝負を挑み、日米の両球界で話題を集めた大谷翔平。

「どっちも成長できたし、楽しい1年でした」

 投手として11勝、打者として10本塁打をマークした2014年を、日本ハムの大谷翔平はそう振り返ったという。

 改めて、末恐ろしい20歳だ。

 これまでも中田翔(日本ハム)や今宮健太(ソフトバンク)など、高校時代に投打ともに注目された選手は数多くいたが、中田がそうだったように、どちらかを「捨てる」というのが当たり前の選択だった。

 中田のメンタルは、投手を続けていくのに向いたものではなかっただろう。投手としての中田は繊細で、細かいことに気がつく性格で、高校時代に患った怪我の恐怖を乗り越えることができなかった。今宮には、投手として重要なボールの角度がなかった。

 しかし、大谷は違った。

二刀流を本当に続けていいのか?

 その非凡なセンスが、投打のどちらのプレーも「捨てる」ことなく大谷を現在の地点まで到達させている。新人合同自主トレの時の、日本ハム・大渕隆スカウトディレクターの言葉を思い出す。

「彼の持っている能力を考えると、選択肢を狭めないようにすることがまず大事なんです。投打両方に魅力があるわけですから、入口は広くしておこうと。それが二刀流という形になっている」

 とはいえ、本当にこのままのスタイルを続けていて大丈夫なのだろうか。

 この2年間、大谷が果たしてきたことは“偉業”と呼ぶに相応しいものだが、そろそろこのような議論があってもいいと思う。

“投手に専念していたら、高卒2年目で20勝、沢村賞を獲っていたのではないか”

“打者に専念していたら、高卒2年目でのトリプルスリーもあったのではないか”

 今回は「現実問題としての二刀流」について考えてみたい。

 それも、今までとは違う観点での再考である。

 新たな観点とは、あるMLBの関係者が指摘した、大谷の身体の変化だ。

【次ページ】 「バッターの身体になりつつある」という指摘。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大谷翔平

ページトップ