野球クロスロードBACK NUMBER

高1で「148km」、21歳の今「135km」。
元DeNA伊藤拓郎のトライアウト戦記。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byGenki Taguchi

posted2014/11/21 11:20

高1で「148km」、21歳の今「135km」。元DeNA伊藤拓郎のトライアウト戦記。<Number Web> photograph by Genki Taguchi

プロ初登板となった巨人戦では谷佳知、長野久義ら経験豊富なバッターを打ち取った伊藤拓郎。帝京高時代のイメージを取り戻せれば、投手としてまだまだチャンスはあるはずだ。

 合同トライアウトで球界関係者や報道各社に配布される参加者一覧には、選手たちのアピールポイントが記載されている。

 第1回トライアウト。DeNAの伊藤拓郎の欄には、持ち味がこう記されてあった。

<大きく曲がり、キレがあるスライダーが武器>

 マウンドでは、ストレートの最速こそ138kmだったものの、公言通りスライダーを起点とした投球を披露した。

 打者4人に対しライトフライ、三振、四球、セカンド内野安打と完璧に抑えたわけではなかったが、伊藤は満足気に登板を振り返っていた。

「バッターに投げるのは久しぶりだったんで最初は不安でしたけど、ブルペンでよかったし先頭バッターを打ち取ることができたんで落ち着けました。思っていたよりよかったと思います」

 そして伊藤はこの時、「2回目のトライアウトに出るかはまだ考えていません」と答えていた。

 だが、2回目までの期間で球団からのオファーはなかった。

4人の打者に対して被安打1、2四球という現実。

「1回目で連絡が来なければ受けようと思っていました」

 11月20日にジャイアンツ球場で行なわれた第2回トライアウト。ここでも、伊藤のアピールは変わらなかった。

<大きく曲がり、キレがあるスライダーが武器>

 しかし今回は、こんな一文も付け加えられていた。

<先発、中継ぎなんでも>

 最後のアピールの場と認識しているからこそ、短い文章でも自分のパフォーマンスと意気込みを伝えたい――。そんな想いが伝わってきたが、結果は得られなかった。

 打者4人と対峙し、セカンドゴロ、センター前安打、四球、四球……。ストレートの最速は135km。スライダーも積極的に投げたが制球が定まらなかった。

 トライアウト後、伊藤の表情は曇っていた。出来栄えを聞いても言葉は少ない。

「う~ん……今日はもう、ダメダメでした」

【次ページ】 プロに入って3年、楽しさを感じて投げられなかった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
伊藤拓郎
横浜DeNAベイスターズ

ページトップ