Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<キューバの至宝の素顔> グリエル 「地球の裏側の“長嶋さん”」 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/11/21 11:30

<キューバの至宝の素顔> グリエル 「地球の裏側の“長嶋さん”」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
「最強打者」の名に違わぬ鮮烈な活躍で、
横浜の街を大いに沸かせたキューバの国民的英雄。
帰国前、初めて経験した日本での生活を振り返った。

 かつてヤクルトに在籍したボブ・ホーナーは、日本での選手生活を振り返り「地球の裏側にもう一つの野球があった」と言った。

「僕も彼と同じ言葉を使うだろうね」

 10月12日。約4カ月間の歴史的挑戦を終えたばかりのユリエスキ・グリエルは、そう言い残して帰国の途についた。

 横浜DeNAベイスターズに“キューバの至宝”グリエルがやってくる。

 それがどれほどの大ニュースで、信じ難い出来事なのかということは、5月11日早朝、横須賀の合宿所でスポーツ新聞の一面を見た乙坂智(国際野球オタク)の「マジかよぉぉぉぉ!」という大絶叫がベイスターズの選手たちに教えてくれたという。

 5月31日。キューバ政府が海外移籍を認めた2人目の選手として、多くの報道陣と日本球界関係者に迎えられ、グリエルは成田空港に降り立った。

日本の人がこれほど熱狂的に迎えてくれるとは……。

 ホームタウンとなる横浜の街では、高島屋に「最強打者グリエル、ハマスタ上陸」なんてキャッチコピーとともにチェ・ゲバラ風の似顔絵が描かれた巨大垂れ幕が出され、「グリエル、ハマスタ上陸まであと○日」とカウントダウンが行なわれていた。練習に向かえば、顔写真がプリントされたTシャツを身にまとうファンから「ユーリ!」と愛称で声を掛けられる。街中が歓待してくれるその様子に、グリエルはいたく感激したという。

「僕が来たのはシーズンの途中だったし、僕のことを知っている人もそんなにいないんじゃないかと思っていた。だから、日本の人たちがこれほど熱狂的に迎えてくれるとは思わなかったよ。これまで野球をしてきた中で、こんなに情熱的で素晴らしいファンは見たことがなかった。それが一番の驚きだった」

“至宝”を迎えた球団は、偏食のグリエルのために母親から食事面での注意点を聞き、キューバ料理を徹底研究。さらに、応援団は応援歌の前奏にキューバ国歌を演奏するという、これぞ日本が誇るオモテナシで6月8日のデビュー戦を迎えたのである。

「国歌で自分を鼓舞してくれることは力強かったよ。ただ……国歌というのは本来、かしこまって聴くものだよね。打席に入って国歌が流れてくると、止まって聴かなくちゃいけない、でもプレーしなきゃいけないと、最初は戸惑った(笑)。もう慣れたけどね」

【次ページ】 中畑監督いわく「地球の裏側にも長嶋さんがいた」。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
ユリエスキ・グリエル

ページトップ