サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ザックの理想、アギーレの現実路線。
内田が示唆した真の“継続性”とは? 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/11/19 11:00

ザックの理想、アギーレの現実路線。内田が示唆した真の“継続性”とは?<Number Web> photograph by AFLO

オーストラリアを相手にゴールを決めた今野泰幸と岡崎慎司。ホンジュラス戦と合わせ、ザックジャパンの主力が、その所以を見せ付けることになった。

 来年1月のアジア杯を前にした、年内最後の親善試合。4万6312人で埋まった長居スタジアムのスタンドは代表戦特有のお祭りムードに包まれていたが、ピッチ上には火花を散らす22人がいた。

 ハビエル・アギーレ監督は、4日前のホンジュラス戦のメンバーから右ひざ痛の内田篤人を除いた10人を2戦連続で先発に指名していた。

 相手はアジア杯のホスト国であり、韓国と並ぶライバル国の一角、オーストラリア。アジア杯前哨戦と位置づけ、「勝つことが目的だ」と発破をかけて送り込んだのは本田圭佑、香川真司、岡崎慎司に長谷部誠や遠藤保仁を含む“ベストメンバー”だった。

 状況把握に優れる彼らが、オーストラリアの異変を察知したのは、試合が始まってからほどない時間帯だった。

 4-3-3の最終ラインから守備のオーガナイズをしていた吉田麻也は、前線からのプレスがハマっていないのに、中盤がボールを奪いに行ってはかわされ、アンカーの両脇のスペースを使われるシーンが繰り返されることに危機感を抱いた。

「相手の両サイドの選手が中に絞ってきて、ハセさんの左右のスペースでボールを受け、そこで起点を作られていた」

ロングボール脱却を目指すオーストラリア。

 オーストラリアが日本に対して使ってくる戦法と言えば、今までならロングボールがセオリーだった。空中戦は日本が最も苦手としていることだからだ。しかし、今回は違っていた。

 長谷部が言う。

「向こうはホンジュラス戦をかなり研究してきた。自分がDFラインに下がったところにマンツーマンで来て、つなげなかった」

 吉田も、「ロングボールを全然蹴ってこなかったし、中盤にもボールを扱える選手が多く、後ろもビルドアップにトライしようとしていた」と敵の変化を感じ取っていた。

 思えばオーストラリアも、W杯では惨敗している。選手が若返り、ロングボールを蹴るだけではない新しいスタイルに取り組んでいる。考えてみれば変化があるのは自然なことだ。

【次ページ】 選手の進言より前に、監督がシステム変更を指示。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ハビエル・アギーレ
本田圭佑
岡崎慎司
遠藤保仁
長谷部誠
森重真人
今野泰幸

ページトップ