テニスPRESSBACK NUMBER

ジョコビッチにフルセット敗戦も……。
世界1位を追い詰めた錦織圭の哲学。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/11/16 11:40

ジョコビッチにフルセット敗戦も……。世界1位を追い詰めた錦織圭の哲学。<Number Web> photograph by Getty Images

錦織圭は理想的なテニスでジョコビッチを翻弄し2セット目を奪ったが、最終第3セットは1ゲームも取れず。王者の底力を見せつけられた。

 ツアーファイナル準決勝、錦織圭の世界ランキング1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)への挑戦は、試合時間1時間27分、1-6、6-3、0-6のスコアで決着した。過去の対戦成績は2勝2敗の五分。全米での鮮やかな勝利も記憶に新しかっただけに、力負けに落胆した向きもあっただろう。

 確かに、トップとの力の差はあった。しかし、それ以上にクリアに見えてきたのは、錦織の可能性だった。

 第1セットは何もできなかった。ジョコビッチの室内コートでの連勝は、今大会のラウンドロビン(予選リーグ)3戦で30に達していた。この、少し球足の遅いコートはジョコビッチの庭。球足が遅い分、相手のボールに追いつき、自分の間合いでカウンターを放つ時間がある。得意のショットは効果を増し、自信は揺るぎないものとなっていたはずだ。「こてんぱんにやられた」と錦織。相手に3度のブレークを許し、わずか23分で決着した。

「何をしてもミスしない。いくら振っても、深いディフェンス(のボール)を返してくるし、サーブもいい。何をしても勝てないんだろうなという雰囲気」

 錦織の言葉が、このセットのジョコビッチの出来をすべて言い尽くしている。

第2セット、錦織が見せた対抗手段とは……。

 しかし、蛇のようにしつこく、あきらめることを知らないのが錦織だ。「何をしても……」と言いながら、実は対抗手段をふところに隠し持っている。リスク覚悟で、攻撃のレベルを一段上げた。

 第2セット、錦織は「テンポを早くして、ガツガツ打っていった」。ジョコビッチが球足の遅さを味方にするなら、その「時間」を奪ってしまえとでも言うように、錦織はライジング気味にボールをとらえた。ラウンドロビンでロジャー・フェデラー(スイス)が錦織に仕掛けたように、超速攻で自分のリズムに引きずり込む。そうしてジョコビッチの返球が少しでも甘くなれば、ベースラインを越えて前に侵入していった。

 その一打一打が、最近の錦織が好む「ボールをしばく」という表現そのままの強打だった。

 強打者ぞろいのツアーでもなかなか目にすることのない、破壊的なフォア。さらに、迷わず攻撃の手札を選択する勇気、その決断の早さも常識外と言えるものだった。

【次ページ】 錦織の攻撃に、ジョコビッチが受けたダメージ。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
錦織圭
ノバク・ジョコビッチ

ページトップ