沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

天皇賞・秋のスピルバーグに思う、
重賞未勝利馬がなぜGIを勝つのか? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/11/04 11:10

天皇賞・秋のスピルバーグに思う、重賞未勝利馬がなぜGIを勝つのか?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

上がり3ハロン33秒7というタイムで豪快に差し切ったスピルバーグ。ジャパンカップでのハープスターとの対決が注目される。

 第150回天皇賞・秋(11月2日、東京芝2000m、GI)のパドックで、1頭だけちょっと変わった歩き方をする馬がいた。ほかの3本の脚の運びは普通なのに、右の前脚だけは、伸ばし気味にしたまま高く上げ、少し振り回すようにして踏み出すのだ。まるで地面にいる虫を蹄のU字部分でつかまえようとしているかのような動きだった。

 あまりやる気がないのか、それともふざけているのか……。いずれにしても、集中しているようには見えなかったその馬が、150代目の天皇賞馬となったスピルバーグ(牡5歳、父ディープインパクト、美浦・藤沢和雄厩舎)であった――。

 10万人を超える大観衆に見守られ、6頭のGIホースを含む18頭がゲートを飛び出した。

スローな流れの中、後方につけたスピルバーグが……。

 カレンブラックヒルがハナを切り、前半1000m通過は60秒7というスローな流れ。そんななか、北村宏司が手綱をとるスピルバーグは、後方の13、4番手につけた。

「(スタートは)あのぐらいのダッシュ力なので、いつもどおりの位置取りでした。道中は冷静に走ってくれました」

 そう話す北村は、4番枠という内枠を生かし、コースロスのない内ラチ沿いで騎乗馬の脚を溜めた。そして、3コーナーを回りながら馬群の外に持ち出し、ラストスパートに備えた。

「前走は脚を余して負けた(毎日王冠3着)ので、力を出し切るための進路取りをしようと思い、外に出しました」

 直線に向いたとき、先頭から10馬身以上離されていたが、北村には、目の前にいたフェノーメノが動くまで追い出しを待つ余裕があった。

「直線の坂下で追い出すと、重心をグッと沈めました」

 スピルバーグは大外から凄まじい脚で伸び、先に抜け出した1番人気の3歳馬イスラボニータ、その内の女傑ジェンティルドンナらをまとめてかわし、1分59秒7のタイムで勝利をおさめた。

【次ページ】 藤沢師「東京ではいつも上手に走っていたので」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
スピルバーグ
カレンブラックヒル
ジェンティルドンナ
イスラボニータ

ページトップ