ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

筋肉を捨てて、身体の声を聴く。
~平尾剛・著『近くて遠いこの体』~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2014/10/28 10:00

筋肉を捨てて、身体の声を聴く。~平尾剛・著『近くて遠いこの体』~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『近くて遠いこの身体』平尾剛著 ミシマ社 1700円+税

 スポーツ科学の知見では掴み切れない、体というもやもやして曖昧なもの。その体の声に耳を傾け、対話するための一冊を書いたのは元ラガーマンだ。

 平尾剛は、神戸製鋼コベルコスティーラーズで日本一になり、'99年ワールドカップ日本代表にも選ばれた。だが、現役の晩年には多くの怪我に悩まされ、不本意な形での引退を余儀なくされた。細心の体のケアをしていたのにも関わらず取り返しのつかない形に壊れてしまった自身の体。その体に対する大いなる疑問を始点に、多方面から体を語るのが本書だ。

 現在は大学で身体論を教えるという彼は、ラグビーで深めた身体知を、僕らの日常にまで落とし込み、翻訳を試みる。

「わかっているのになぜできない!」を真っ向から否定。

 例えば、グラウンドから聞こえてくる或るコーチの怒声。「わかっているのになぜできないんだ!」。平尾はこれを、「わかる」ことと「できる」ことを別の位相だと理解していない「身体」の素人の戯れ言だと看破する。言葉(=わかる)と感覚(=できる)を一緒くたにしてしまうと、本来は「できる」ようになるプロセスを楽しむはずのスポーツが、急に窮屈でつまらないものになってしまう。

 スポーツ選手がよくいう「背中で味方選手を感じる」現象。これは研ぎ澄まされた聴覚から導かれる「受動的エコロケーション」の結果。けれど、スマホを見ながら歩く行為は「聴く」という豊穣な感覚を捨てているに等しいという提言も耳が痛い。

 よくわからない体を、わからないなりに正直に差し出した新しい身体論。どんな人にも関係のある話です。

関連コラム

ページトップ