スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

田中将大の復帰は「経営判断」!?
手術か青信号か、勝負の中4日。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/09/22 11:15

田中将大の復帰は「経営判断」!?手術か青信号か、勝負の中4日。<Number Web> photograph by Getty Images

最速150kmと球速も戻っており、田中将大の復帰初戦は順調な滑り出しとなった。次の登板は中4日での27日を予定しているという。

 ホッとした。

 田中将大が復帰したブルージェイズ戦の話である。1回表、いきなり無死一、三塁のピンチを迎えた時には最悪のシナリオも想像したが、ダブルプレーで1点に抑えたのが大きかった。

 終わってみれば、5回3分の1、5安打、4三振、無四球。投球数は70球で、うち48球がストライクという内容で13勝目をあげた。試合前、ロスチャイルド投手コーチは、

「スプリットの質を見極めたい」

 と話していたが、2回の2死三塁のピンチには、8番のゴインズに対して4球続けてスプリッターを投げるなど、不安のないことをうかがわせた。

 まずは、めでたい復帰戦の内容。

 この日の投球を見ると、もし田中が戦線を離脱していなければヤンキースは少なくともあと3勝は積み上げることが出来ていたと推測されるので、そうなればワイルドカード争いをしていただろう……。

 やはり、田中の存在が今季のヤンキースの生命線だったのだ。

なぜ、この期に及んで田中が投げたのか?

 では、今回の田中登板の意味合いについて考えていこう。

 先週、復帰登板が発表された時点では、まだわずかではあるが、ワイルドカードでのポストシーズン進出の可能性があった。私は経営者側が選手に対し「ジーターも最後だし、まだ諦めていない!」というメッセージを発信したのだと思っていた。田中の登板は、監督判断ではなく、「経営判断」だからだ。

 実際、アスレチックスとマリナーズが不調なので、ヤンキースは連勝していればチャンスはあった。しかしその後、どうも選手に覇気がなく、数字上の可能性は残っていたにせよ、ポストシーズン進出に向けて、田中登板の意味はほとんどなくなっていた。

【次ページ】 「来年、田中は使えるのか?」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ニューヨーク・ヤンキース
田中将大

ページトップ