スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

アルトゥーベとイチロー。
~“165cmの大打者”が200本安打~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/09/19 10:30

アルトゥーベとイチロー。~“165cmの大打者”が200本安打~<Number Web> photograph by Getty Images

9月10日のシアトル・マリナーズ戦で200本安打を達成した、ヒューストン・アストロズのホゼ・アルトゥーベ。現役のメジャーリーガーの中では、最も身長が低い選手である。

 2014年9月10日、アストロズのホゼ・アルトゥーベ(24歳、ベネズエラ出身)が年間200本安打を突破した。両リーグを通じて一番乗り。ずっとハイペースだったから突破は時間の問題だと思っていたが、よくよく考えてみると、これはかなり歴史的な出来事だ。

 9月12日現在、アルトゥーベは、打率、安打数、盗塁数の3部門でア・リーグのトップに立っている。具体的な数字を並べると、143試合に出場して、599打数、202安打、打率3割3分7厘、盗塁数52、三振数49、長打の本数が50。もしいまの状態をキープしてシーズンを終えることができたら、2001年のイチロー(242安打、3割5分、盗塁数56)以来、久々に、この分野での「3冠」が達成されることになる。

 もうひとつ、話題になっていることがある。いや、こちらのほうが俗耳に入りやすいかもしれない。それは……。

 アルトゥーベの身長が165cmしかないことだ。公称は168センチだが、アメリカのメディアは口をそろえて「5フィート5インチの大打者」と連呼している。1フィート=30.5cm、1インチ=2.54cmで換算すると、たしかに165cmになる。いつぞやのテレビなどは、本塁打の飛距離を推測する際に「いまのは何アルトゥーベ(アルトゥーベ何人分)飛んだだろうか」などと失礼なことをいっていた。

170cm以下で殿堂入りした選手は6人。

 大リーグ史上、5フィート7インチ(170cm)以下の身長で殿堂入りした選手は6人しかいない。ビリー・ハミルトン、ウィリー・キーラー、ラビット・マランヴィル、ジョー・スーウェル、ハック・ウィルソン、フィル・リズトーの6人だ。

 このうち内野手は、マランヴィル、スーウェル、リズトーの3人だ。サイズでいうと、マランヴィルやリズトーがアルトゥーベに近いが、このふたりは「守備の人」で、打率は大体2割5分前後だった。なかでは比較的地味なスーウェルが、14年間通算で2200本を超えるヒットを打った。200本安打は1度達成しただけだが、24歳の年に早くも195安打を記録している。

 ただしいま挙げた6人は、全員が1941年以前のデビューだ。イチローがさまざまな安打記録を更新していたさなかは、ポール・ウェイナーやジョージ・シスラーやウィリー・キーラーの名前が取り沙汰されたが、アルトゥーベも過去の名手を呼び出す降霊術師の役割を果たしているようだ。

【次ページ】 現代野球において低身長は大きなハンデだが……。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ヒューストン・アストロズ
ホセ・アルトゥーベ
イチロー

ページトップ