Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<特別寄稿> 松岡修造 「圭は何故、ここまで強くなれたか」 

text by

松岡修造

松岡修造Syuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/09/29 11:30

<特別寄稿> 松岡修造 「圭は何故、ここまで強くなれたか」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi
世界ランク1位のジョコビッチを破り、日本勢として初めて
グランドスラムのファイナルにまで上り詰めた。
天才アスリートを11歳から見つめ続ける
松岡修造氏が「覚醒の秘密」を解き明かす。

 あらゆる新聞の紙面に“錦織快挙”という言葉が躍る。

 11歳の圭に初めて会った日から、この時が来ることを確信していた僕にとっては、驚きというよりも“よくぞやってくれた”という感謝の気持ちが強い。特に今回、僕が目をみはったのは、圭の勝利の仕方だった。

 心技体、その全てにおいて圭は生まれ変わっていた。

 ストロークの軸はさらにしっかりとし、早い段階からポイントの主導権を握り相手を威圧していく。ネットに出る回数も多くなり理想的なテニスに近づいていた。

 またコートのカバーリングの良さだけではなく、ピンチをチャンスに変えてしまうショットも炸裂し、どこにも隙がない。

 では、何故ここまで強くなったのか?

 その理由は今年からスペシャルコーチとして“Team KEI”に加わったマイケル・チャンが、新たなエネルギーを注入したことに他ならない。

圭に必要だった“戦略”をマイケル・チャンが授けた。

 1989年、17歳で全仏オープンを制覇し、世界ランク2位まで上り詰めたチャンは身長175cm。僕も現役時代、3度対戦したことがある。このとき、彼の強さとして実感したのは、チャンの「絶対にできる!」という強靱なメンタル、コツコツと同じことを繰り返す反復力だ。

 そして、極めつけの武器は“戦略”のスペシャリストであるということだ。この“戦略”という要素はまさに、天才的プレイヤーと言われつつも、これまで圭が持っていなかったものであり、しかしトップにたどり着くためには絶対的に必要なものだった。

 全米オープンで圭が戦った7試合を見続けていた中、2つの疑問が湧いた。

 1つ目は、「どうして、圭はいつもボールのポジションにいるのであろうか?」ということ。

 全ての試合を何度も何度も見返して、その疑問がやっと解けた。

 今まで以上にボールを打てる位置につくのが速いのだ。

 2つ目は「足が速いのか?」という疑問だ。

【次ページ】 ずば抜けた予測力が、さらに研ぎ澄まされている。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
松岡修造
錦織圭
マイケル・チャン

ページトップ