ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ドルトムントはなぜ移籍金を出せた?
香川真司、2年前の“置き土産”。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/09/03 10:40

ドルトムントはなぜ移籍金を出せた?香川真司、2年前の“置き土産”。<Number Web> photograph by Getty Images

ドイツの地で再会したユルゲン・クロップ監督と香川真司。復帰初戦は13日のフライブルク戦が濃厚と見られている。

 ついに香川真司のドルトムント復帰が決まった。'17-'18シーズン終了後までの4年間で、背番号は7。移籍金は800万ユーロで、今後の香川の活躍次第によって追加で200万ユーロ程度が支払われることになるという。ドイツメディア、ファンは一斉に香川の復帰を歓迎している。

 香川復帰の噂が現実味を帯びてきた8月28日の木曜日から、ドルトムントの選手がメディカルチェックを受けるのに使う、市内の病院で香川を待ち続けたファンもいた。木曜日から土曜日まで3日間通い詰めた24歳のクリスティアンは、2枚のユニフォームを手に病院で香川の帰還を待ちわびていた。

 1つ目はブラジルW杯の日本代表のユニフォームで、背中には10番とKAGAWAの名前がプリントされてある。

 そしてもうひとつは、今シーズンのドルトムントのユニフォームだ。

「僕は生まれてから24年間、ドルトムントのファンなんだ。開幕節のレバークーゼン戦ではチームも負けているし、シンジの復帰は嬉しい。彼は最高の選手だからね。もしシンジに会えたら2枚のユニフォームにサインをもらう。ドルトムントのユニフォームは、シンジの背番号が決まってからファンショップに行って、背番号をプリントしてもらうつもりなんだ」

 結局、彼が帰宅した後に香川が来たそうで、このタイミングでサインをもらうことは出来なかったのだが、ファンは歓迎モードだ。

シンジ・カガワ獲得はドルトムントの今季最初の勝利。

 また、ドイツメディアの大半も彼の補強がチームにプラスになるとみている。

「この名前、ドルトムントの今季最初の勝利だ。そう、シンジ・カガワのことだ」

 と『ビルト』紙は伝えている。

【次ページ】 昨シーズンは主力に怪我人続出で野戦病院と化した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
香川真司
ボルシア・ドルトムント
ユルゲン・クロップ
マルコ・ロイス

ページトップ