ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

「まだ教えてもらうレベルじゃない」
コーチをつけない松山英樹の“思想”。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/03 10:30

「まだ教えてもらうレベルじゃない」コーチをつけない松山英樹の“思想”。<Number Web> photograph by AFLO

現在プレーオフシリーズ真っ只中の松山英樹。最終戦「ツアー選手権」に出場できるかは今週末の「BMW選手権」の結果にかかっている。

 米ツアー会場の練習場で、ボランティアのスタッフが呆れていた。

「今日も最後までやるんだね」

 夕日に向かって打つ――なんて言えばカッコいいけれど、本人にしてみたら、強い西日は打球の行方をくらます邪魔者でしかない。

 一心不乱にクラブを振り、大汗を流して歯を食いしばる。松山英樹の8月は、そんな毎日だった。6月に米ツアー初勝利を挙げ、いよいよ待たれるメジャー制覇の瞬間。だがそれは、こちらが勝手気ままに期待を膨らませていたところも大きかった。松山は紛れもなく調子の波の底にあり、不振の真っただ中にいた。

「そのスイングじゃ、そんな球が出るわ」

「なんでこれがコースで出来ないかなあ」

「もう分からん。足がしびれてきた」

 小言を並べ、自分のショットに悪態をついてばかり。スマホとデジカメで撮影した動画に目を凝らし、スイングをチェックする日々。ただその姿をキャディバッグ越しに見守る人の中に、専門の指導者と言える立場の人間はいない。頼りは自分の感覚と、キャディ、トレーナーらサポートスタッフたちの目。松山は、トッププレーヤーの中ではいまや少数派と言えるであろう、特定のコーチを持たない選手である。

マキロイ、ファウラー、タイガーもコーチを付けている。

 プロゴルファーの活躍の裏にプロコーチあり。両者の関係性は昨今のプロゴルフにおいて、切っても切れない。スタープレーヤーを正しく導く名伯楽の存在をつまびらかにするのは、いまやお決まりのストーリーだ。

 ローリー・マキロイは幼少時代からの恩師マイケル・バノンとのタッグで世界を獲り、リッキー・ファウラーは昨年師事したブッチ・ハーモンのもとで目覚ましいスイング改造に成功。先日、ショーン・フォーリーとの関係を解消したタイガー・ウッズの今後からは目を離せない。米国ではフィル・ミケルソンらを支える「パッティング専門」なるコーチも一世を風靡しているのだから、この世界も奥が深い。

【次ページ】 「今の僕はまだ教えてもらうレベルじゃない」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松山英樹
ローリー・マキロイ
マイケル・バノン
リッキー・ファウラー
ブッチ・ハーモン
ショーン・フォーリー
タイガー・ウッズ
フィル・ミケルソン
ピート・コーワン

ページトップ