F1ピットストップBACK NUMBER

可夢偉、スパのシート喪失!
チームとの信頼関係は回復なるか? 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/08/23 10:50

可夢偉、スパのシート喪失!チームとの信頼関係は回復なるか?<Number Web> photograph by AFLO

前半戦11戦を終えた段階で、リタイヤ4回で決勝最高位は13位、獲得ポイントはゼロ。厳しいシーズンが続くが、後半戦の巻き返しはなるのか。

「今週のベルギーGPに向けての準備バッチリ。あとはポイントを取るだけです! やるぞーーーーーー!!!」

 これは小林可夢偉が8月19日に自身のツイッターでつぶやいたコメントだ。ベルギーGP開幕3日前のことである。しかし、その前日の8月18日に、ひとりのドイツ人が日本からイギリス・リーフィールドにあるケータハムのファクトリーに向かっていた。理由は可夢偉の代役としてベルギーGPに出場するのに向け、シート合わせを兼ねてドライビングシミュレーターに乗るなど準備を行なうためだった。そのドライバーこそ、可夢偉の代役としてベルギーGPに出場することになったアンドレ・ロッテラーだった。

 チームがロッテラー出場の発表を行なったのは8月20日。すでに可夢偉はベルギー入りしていた。

「今週のベルギーGP、僕は参戦しない事になりました。僕の好きなSPAを走れないのは非常に残念ですが、チームの為に受け入れました。腐らずにまたレースに出れる様準備して行きたいと思います。そしてファンの皆様に本当に申し訳ありません」

ドライバー・可夢偉の尊厳を無視したケータハムの決定。

 その日の夜、可夢偉はこうもツイートしている。

「いろいろあった1日でしたが、無事に暖かいベッドで寝れる事に感謝して明日も頑張ります。おやすみなさい! 昨日と今日で800kmぐらい車運転したぞ~~~~~~」

「おやすみなさい」と言ってベッドに入ったものの、なかなか寝付けなかっただろうことは想像に難くない。猛暑の日本とは違い、この時期のスパは最低気温は10℃を下回る寒い夜が続く。ベッドの中で感じた暖かさは何も毛布の温もりだけではない。「本当に申し訳ありません」という可夢偉のツイートに激励の返信を寄せるファンの存在もあったのではないだろうか。なぜなら今回のケータハムの決定は、あまりにもドライバーの尊厳を無視したものと思えてならないからだ。

【次ページ】 マシンにはすでにロッテラーのスポンサーのロゴが……。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
小林可夢偉
ケータハムF1チーム
アンドレ・ロッテラー

ページトップ