沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

負け続けて愛されたアイドルホース、
ハルウララに会いに行ってみた。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byAkihiro Shimada

posted2014/07/26 08:00

負け続けて愛されたアイドルホース、ハルウララに会いに行ってみた。<Number Web> photograph by Akihiro Shimada

「マーサファーム」で余生を過ごすハルウララと宮原優子さん。事前に予約すれば見学も可能だそうだ。

 10年ほど前、何度負けても一生懸命走る姿が人々の共感を呼び、全国的なアイドルになった牝馬がいた。

 高知競馬のハルウララである。

 一般のニュースでもとり上げられ、応援ツアーが組まれたり、本やCDが出たり、映画にもなったりと、「ハルウララ現象」が起きたと言っていいほどのフィーバーぶりだった。

 引退後しばらく消息がわからなくなっていたのだが、一昨年の12月から千葉県御宿町の牧場で余生を過ごしているという。

 オグリキャップやディープインパクトとは別の意味で注目され、多くの人々に愛されたアイドルホースは、今、どんな日々を過ごしているのだろうか。

90連敗したころ、ハルウララブームがはじまる。

 ハルウララは今年18歳。父ニッポーテイオー、母の父ラッキーソブリンという血統で、現役時代は高知の宗石大厩舎に所属していた。

 1998年にデビューしたこの馬がさまざまなメディアで紹介されるようになったのは、2003年の初夏、未勝利のまま90連敗したころからだった。

 同年12月14日、通算100戦目が行われ、100連敗を記録。応援ツアーが組まれるなどし、高知競馬場には4年ぶりに5000人を超えるファンが訪れ、熱い声援を送った。

 この馬の単勝馬券は交通安全のお守りとしても人気があった。1着になることがないから「当たらない」というわけだ。

 ハルウララブームが最高潮を迎えたのは翌'04年3月22日に行われた106戦目だった。「不可能」と言われていたJRA年間200勝を'03年に初めて突破した武豊を背に迎え、レースに臨むことになったのだ。

【次ページ】 武豊騎乗当日、高知競馬場は入場制限の措置が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ハルウララ
宮原優子

ページトップ