MLB東奔西走BACK NUMBER

オールスター初選出はむしろ“当然”?
年を重ねるごとに成長する上原浩治。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/14 10:30

オールスター初選出はむしろ“当然”?年を重ねるごとに成長する上原浩治。<Number Web> photograph by Getty Images

7月10日時点で41試合に登板し、5勝2敗18セーブ、防御率1.27。低迷するチームにあって、抜群に安定した成績を残している上原浩治投手。リリーフという厳しい環境下で、この数字は驚異的と言っていいだろう。

 7月9日、故障者リストに入りオールスター戦での登板が不可能になったヤンキースの田中将大投手の代わりとして、MLBはレッドソックスの上原浩治投手の出場を発表した。

 7月6日に発表された当初の出場メンバーからは外れていた上原だが、今年のア・リーグを指揮するジョン・ファレル監督は、投げられない投手が出た場合の補充選手の第1候補であることを明らかにしていた。まさに“順当な”選出だった。

「本当に選出に相応しい。昨年からここまで彼のような投球をしてきたリリーフ投手は他にいない。今回の選出は喜ばしいことだ。これによって彼が敬意を表されて欲しいし、そうあるべきだと思う」

 ずっと上原の投球を見守ってきたベン・チェリントンGMはそう最大級の賛辞を贈った。

 そしてGMの説明通り、上原は昨年のワールドシリーズ制覇を象徴する選手だっただけでなく、ここまで不振が続くチームの中にあって昨年同様の安定した投球を続けてきた、オールスターにふさわしい選手である。

オールスター選出の他のリリーフ投手と比べると。

 今年のオールスター戦に選出されたリリーフ投手4人と7月10日時点の成績を比べてみよう。

●2014年オールスター戦に選出されたリリーフ投手の成績
  試合数 投球回数 防御率 WHIP
デリン・ベタンセス(26) 39 53.1 1.52 0.73
ショーン・ドゥーリトル(27) 41 42.1 2.98 0.69
グレグ・ホランド(28) 35 33.2 1.87 1.01
グレン・パーキンス(31) 37 37.1 3.13 1.07
上原浩治(39)    41 42.2 1.27 0.75
※(  )内は年齢。数字は7月10日現在のもの。

 如何だろうか。ベタンセス投手以外は全員がクローザーを務めている。チーム状況によってセーブ数に違いが生じるのであえて省略したが、防御率、WHIPともにまったく引けを取っていない。

 ベタンセス、ドゥーリトル投手、ホランド投手の3人は選手投票による選出選手だが、パーキンス投手は監督推薦によるもの。

 パーキンスがツインズから数少ない選出という裏事情がなければ、上原は選ばれていた可能性が高いと言っていいだろう。

【次ページ】 低迷が続くチームで淡々と投げ続けるために。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
上原浩治
ボストン・レッドソックス
田中将大
ニューヨーク・ヤンキース
デリン・ベタンセス
ショーン・ドゥーリトル
グレグ・ホラン
グレン・パーキンス

ページトップ