ブラジルW杯通信BACK NUMBER

歴史的敗戦をセレソンはどう語ったか。
茫然、無言、饒舌……それぞれの傷。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/09 12:05

歴史的敗戦をセレソンはどう語ったか。茫然、無言、饒舌……それぞれの傷。<Number Web> photograph by Getty Images

試合後、重い足取りで帰ってくるダビド・ルイスを迎えたチアゴ・シウバ。目は腫れ、心なしか2人の姿が小さく見える。王国ブラジルは準決勝で敗れ、3位決定戦に回ることになった。

 薄暗いコンクリートの階段を、ミックスゾーンへむけて早足で降りた。

 何かすごいものを見てしまった、誰もがそんな表情を浮かべている。あたりはどよめきに包まれていた。

 1-7。ブラジル対ドイツの準決勝は、誰も予想できない結果に終った。

 ブラジルにとってみれば、決勝でウルグアイに敗れた1950年大会の“マラカナッソ”に次ぐ歴史的悲劇だ。ブラジルメディアは、大敗を速報で大々的に報じていた。

「大虐殺。ミネイラソ」(『フォーリャ・デ・サンパウロ』)

「歴史的屈辱」(『オ・グローボ』)

 ミックスゾーンには人だかりができていた。

 今大会一番の混みようだ。誰もが目にしたかったのだ。ブラジル人選手たちがどんな表情を浮かべ、何を口にするのかを。

 後世に語り継がれるこの試合、悲劇の後のブラジル人の顔を目に焼き付け、その口から発せられる言葉をしっかりと聞いておきたかった。

なぜこんなことが。答えは簡単にはでてこない。

 最初に現れたのはフンメルスだ。ブラジルメディアの前をいかにも神妙な顔つきで通り抜け、ドイツメディアの前で止まった。ボアテンクにメルテザッカーが続く。

 クロースはすっきりとした表情で現れた。レアル・マドリーへの移籍もほぼ決定と言われている。この試合でもマンオブザマッチに選出された。すべてがうまく行っているときのサッカー選手に宿る、独特の充実感が漂っている。

 ブラジル人はなかなか現れない。待ち続ける記者は、なぜこんなことになったのか理解できないと、様々な論を交わしていた。

 プレースタイルを変えるべき。

 選手をかえるべき。

 いや、監督だ。

 もちろん答えは簡単にはでてこない。

 試合終了から1時間20分が経とうとしていた。

【次ページ】 「この敗戦は、僕らの生涯にずっとついてまわるだろう」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
フレッジ
チアゴ・シウバ
ジュリオ・セザル
ダビド・ルイス
ブラジルW杯
サッカーW杯

ページトップ