MLB東奔西走BACK NUMBER

日本とメジャーで異なる“戦力外”。
「DFA」という制度の本当の意味。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/28 10:30

日本とメジャーで異なる“戦力外”。「DFA」という制度の本当の意味。<Number Web> photograph by Getty Images

ケガで戦列を離れた青木宣親の代わりに、マイナーより昇格したロイヤルズのジャスティン・マックスウェル。DFAされ、マイナー落ちという経緯をたどり、再びメジャー昇格を果たした。

 長年MLBの取材を続けていると、時としてMLBの現状を正しく日本に伝え切れていないことにフラストレーションを感じることがある。

 つい先日も“ある出来事”に遭遇し、ちょっとした罪悪感に苛まれてしまった。

「Designated For Assignment」

 MLBでは日常茶飯事のように使用される専門用語だ。

 ツイッターなどの短文投稿サイトの普及もあり、「DFA」などと略されて使用されている。簡単に説明してしまえば、選手を40人枠から外す措置をとることをこう表現する。

 基本的なことだがMLBの場合、メジャー公式戦に出場するためには原則、25人枠に入らなければならない。

 そして、その25人枠に入ることのできる選手は、40人枠に入っていることが最低条件となる。

 最近の例をあげれば、先日カブスが和田毅投手と契約を結び直した際に、この40人枠に入れたため、和田のメジャー昇格の可能性が一気に高まったということがある。

 つまり、どんな有望選手であろうと、またマイナーでとんでもない活躍をしている選手がいたとしても、40人枠に入らない限り、絶対にメジャーに昇格することはできない。

DFA=戦力外という認識が大きな誤解を招く。

 その一方で、どのチームもシーズンを通して固定した40人で戦うのはほぼ不可能なことになる。だからシーズンを通して(もちろんオフシーズンも)このDFAが実施されるわけだ。

 このDFAという単語、日本ではどう表現されているのか。大抵の場合「戦力外」とか「戦力外的な扱い」と訳しているのが一般的になっている。

 特に新聞系のメディアは、いちいち40人枠から外す措置と説明するにも文量を必要としてしまうため、簡略に表現できる戦力外を使用しているようだ。

 確かに40人枠から外れメジャーの公式戦に出場できなくなるのだから、戦力から外れるのは間違いない。だが、NPBなどで使用される戦力外と同じ感覚で捉えてしまうと、とんでもない誤解を招いてしまう。

【次ページ】 複雑怪奇な40人枠と25人枠のルール。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
青木宣親
ロジャー・ベルナディア
ジャスティン・マックスウェル
スティーブ・ピアース

ページトップ