ブラジルW杯通信BACK NUMBER

コロンビア戦こそ、山口蛍が輝く!
不完全燃焼の払拭は「攻撃」にあり。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/06/23 16:30

コロンビア戦こそ、山口蛍が輝く!不完全燃焼の払拭は「攻撃」にあり。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ギリシャ戦では引いた相手にたいして持ち味である積極的な守備が機能する場面も少なく、カバーリングに追われた山口蛍。しかし彼の守備力は、コロンビアという格上相手でこそ生きるはずだ。

「なんか、今ひとつです」

 山口蛍は、冴えない表情でそう言った。

 ブラジルW杯、コートジボワール戦、ギリシャ戦を終えて1分1敗。2試合とも山口はスタメンフル出場を果たしたが、結果が出ず、自分のプレーにもまったく納得がいっていない様子だった。

 コートジボワール戦前、アメリカでのテストマッチ2試合は、いずれもスタメンで出場した。ブラジルW杯で快進撃を続けるコスタリカとザンビアに逆転勝ちを演じ、山口はチームと自分のプレーに自信を持っていた。実際、コートジボワール戦前日は、「やれる自信あります」と、その表情は試合が待遠しくて仕方ないといった感じだった。

 だが、コートジボワール戦は、本田圭佑のゴールで先制点を奪ったものの、その後は相手サイドバックが高い位置に張り出し、前線の圧力に四苦八苦。いつもよりも低いポジションのまま守備は後手にまわり、攻撃ではほとんど前に行くことができなかった。山口は自分の持味をほとんど発揮することができなかったのだ。

「左サイドはもう少し全体でカバーできたら……」

 もともと、試合に勝っても内容が良くてもミスを反省し、決して満足しないタイプ。それだけに試合に敗れ、何もできなかったという現実は、山口にとって悔しさしかなかった。

「ほんま、悔しいですね。守備はラインを下げられてしまい、なかなか前でボールを奪うことができなかったし、2失点した左サイドは僕が何本かカバーにいきましたけど、もう少しチーム全体でカバーできたら良かった。

 個人的にはヤヤ・トゥーレを見ていたけど、けっこう嫌なポジショニングをするんでケアするのが大変だったし、自分の型でボールを取れたというのがなかった。攻撃は、自分らが低い位置にいたんで、なかなか前へというのが難しかった。うーん、90分出れたけど、不完全燃焼という感じです」

【次ページ】 ロンドン五輪を彷彿とさせたギリシャ戦の前半。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
山口蛍
ハメス・ロドリゲス
ブラジルW杯
サッカーW杯

ページトップ