ブラジルW杯通信BACK NUMBER

セリエを席巻するコロンビア旋風。
日本に立ちはだかる5人の男たち。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byMaurizio Borsari/AFLO

posted2014/05/13 10:40

セリエを席巻するコロンビア旋風。日本に立ちはだかる5人の男たち。<Number Web> photograph by Maurizio Borsari/AFLO

長友佑都と激しくやりあうフィオレンティーナのクアドラド。トップスピードに乗った状態でのドリブルを止めることはほとんど不可能。得意な形に持ち込ませないことが重要だ。

 コロンビア代表がパスタの国で暴れている。

 今季のセリエAには開幕時、代表クラスのコロンビア人選手が9人も名を連ねた。今年3月の親善試合チュニジア戦では、プレー国別で最多の3人が“セリエA組”として先発した。

 イタリアでプレーする選手たちはスタメン以外にベンチメンバーとしても数多く招集され、ホセ・ペケルマン率いる代表チームの最大勢力なのだ。

 植民地時代の宗主国でもないイタリアに、コロンビアの精鋭たちが揃っているのには理由がある。

 先駆けとなったのは、青田買いの王者として移籍市場に君臨するウディネーゼだ。

 今世紀に入る頃から、彼らは新たな才能の採掘地として、コロンビアやウルグアイ、チリといった国々へ目をつけた。玉石混交が過ぎるW杯優勝候補の南米2大国よりも、それらの国々の選手たちの方が有望、というわけだ。

 現地スカウトスタッフのレベルアップを促し、高精度のレーダーを赤道地帯に張り巡らせたウディネーゼは、ダイヤの原石を次々に掘り出した。

「超」高速ドリブラー、クアドラド。

 5年前にメデジンから獲得したMFフアン・クアドラドは、共同保有下にあるフィオレンティーナで、リーグ屈指のサイドアタッカーへと成長した。ブラジルW杯後、バルセロナとユベントスが獲得に本腰を入れると言われている。

 ドレッドヘアのクアドラドは、右サイドを疾走する韋駄天だ。名ストライカーだったモンテッラ監督の指導を受けて2年目の今季、得点能力が開花した。2トップもこなし、37節までのリーグ終盤6試合で6ゴールを決め、尻上がりに調子を上げている。

「W杯でプレーするのがずっと夢だった。だからこそ、俺は得意のドリブルで負けるわけにはいかないんだ」

 そのクアドラドが弟分として可愛がるのが、'10年夏にウディネーゼに加入したFWルイス・ムリエルだ。レッチェでともに武者修行に励んだ後、ムリエルは昨季からベテランFWディナターレに英才教育を受ける。故障がちで代表歴は浅いが、風貌もプレースタイルも“怪物”ロナウドに酷似しており、勢いにのせると怖い存在だ。

【次ページ】 188cmの大型FWに、長友の盟友も。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
長友佑都
ホセ・ペケルマン
ビクトル・イバルボ
フアン・クアドラド
フレディ・グアリン
マリオ・ジェペス
クリスティアン・サパタ
本田圭佑
イバン・コルドバ
ルイス・ムリエル
ラダメル・ファルカオ
ブラジルW杯
コロンビア代表

ページトップ