野球善哉BACK NUMBER

野球界の重要テーマ“高卒1年目”。
松井裕樹で考える、金の卵の育て方。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2014/05/07 11:35

野球界の重要テーマ“高卒1年目”。松井裕樹で考える、金の卵の育て方。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

並み居るプロを圧倒する一球を投げ込んだかと思うと、対応力に欠け時に脆さを見せる松井裕樹。大投手への道を順調に歩むためにも、今は我慢の時なのではないだろうか。

 自身のピッチングスタイルを再確認したかのような72球だった。

 高卒ルーキー、楽天・松井裕樹が5日のイースタン・リーグの日本ハム戦に先発した。6回を4安打1失点9奪三振という上々のピッチングを披露し、再出発を果たした。

 リズムのいい投球テンポ、変化球の切れ、その変化球を意識させながらのストレート勝負。

 日本ハムの二軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで見たのは、高校時代の松井のピッチングそのものだった。

 改めて、松井というピッチャーは、長所と短所が隣り合わせにあるピッチャーだと思った。

 三振でリズムに乗り、四球で崩れる。

 追い込んだ時のピッチングは圧巻だが、バッター有利のカウントになると脆さを見せる。投球術的にいうと、カウントを取る球種がほとんどないという高校時代からの弱点は、今も消えてはいない。

一軍の4試合では23三振、24四死球という状態。

 この日の試合ではほとんどの打者を追い込むことはできたが、唯一4回裏、1死三塁で金子誠を迎えた場面で3ボールと先行し、ワンストライクを取った後、甘いストレートを左翼前にはじき返されている。

 一軍での登板4試合を振り返っても、デビュー戦となった4月2日のオリックス戦では、6回3失点6奪三振と好投。しかし残りの3試合はボールが先行し、四球を連発していた。一軍で登板した4試合で、19回1/3を投げ、23三振、24四死球だった。

 ここで考えてみたいのが、松井のような高卒1年目投手の起用法についてだ。

 昨年もこのコラムでは、この問題について取り上げたが、継続して提起していきたい。

 というのも、この1年間取材を進めるなかで、その難しさを語る言葉をいくつも聞いてきたからだ。

【次ページ】 吉井理人が語る、高卒新人の育て方。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松井裕樹
東北楽天ゴールデンイーグルス
吉井理人
釜田佳直

ページトップ