野ボール横丁BACK NUMBER

日本ハム・斎藤佑樹を使うのは「今」!
過剰な期待でも、不信感でもなく。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/04/22 16:30

日本ハム・斎藤佑樹を使うのは「今」!過剰な期待でも、不信感でもなく。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今季はオープン戦から145kmを計測するなど、明らかに昨年までとはボールが変わった斎藤佑樹。二軍からの復活を見せることができるか。

「期待しているのか、いないのか、わからないよね……」

 斎藤佑樹の早大時代に、早実の監督で斎藤の恩師でもある和泉実が、そうこぼしていたのを思い出した。

 日本ハムの斎藤は10日の楽天戦で、今季2試合目の先発マウンドへ登った。しかし2回、この日4つ目となるフォアボールを出し、1死一、二塁としたところで交代を告げられた。故障交代を除き、斎藤にとってプロ入り最短タイとなる降板劇だった。

 初回も1番、2番に連続四球を出し2失点しているとはいえ、まだ2回である。テレビ中継で解説を担当していた光山英和も、思わず「きっびしいですね……」ともらすほどの采配だった。

栗山監督は、斎藤をどうしようと考えているのか。

 監督の栗山英樹は、斎藤をどうしようと考えているのだろう。今季はオープン戦で好調だったこともあり、開幕2戦目のオリックス戦に起用。しかしその後は、ローテーションの兼ね合いで、中10日も空いた。初登板のオリックス戦、栗山は「いいボールはたくさんあった」と認めていたように斎藤の調子自体はよかった。

 今年のキャンプ終盤でのことだ。その日、ブルペンで投げる斎藤のボールが明らかに違った。

「今日はきてましたね。いやー、投げても投げてもぜんぜん疲れないっす。今日、コツをつかんだ気がする」

 そこから真っ直ぐの切れが変わった。オープン戦でも好調を維持。ある意味、高校3年夏の斎藤をようやく超えたとさえ思った。

 今シーズン最初の登板を見たときも、その思いを強くした。あんなに余裕を持ち、自在に投げている斎藤を見たのは、高校生のとき以来だった。

【次ページ】 過剰な「期待」をかけた昨年とは対照的な今年の処遇。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
北海道日本ハムファイターズ
斎藤佑樹
栗山英樹

ページトップ