セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

右サイドを失い、10番対決に完敗。
本田の“忍耐の時”が終わる条件。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/03/03 16:30

右サイドを失い、10番対決に完敗。本田の“忍耐の時”が終わる条件。<Number Web> photograph by AFLO

ユベントスで10番を背負うテベスと競り合う本田圭佑。得点王争いのトップに立ちながら、守備でもハードワークを厭わない。その姿に本田は何を感じたのだろうか。

トップ下にはポーリが、左サイドにカカが定着か。

 中央のトップ下には、サイドからコンバートされたMFポーリが先発した。

 実験的に初起用されたCLでのA・マドリー戦で大善戦したことから、指揮官セードルフはユーベ戦でもポーリにトップ下のポジションを委ねた。ポーリ本人も新しいポジションに「監督と十分話し合った。自分に合っている」と手応えをつかんでいる。

 左にスライドしたMFカカと右のターラブト、そして1トップのFWパッツィーニとの連携もスムーズで、50分の接触プレーで脳震盪を起こすアクシデントがなければ、フル出場していた可能性も高い。

 新戦力の台頭に反比例して、はち切れんばかりだった本田への期待は急速に萎みつつある。

 MFカカや主将モントリーボは「ロシアリーグから来た本田には、イタリアのサッカーに慣れる時間が必要」とあちらこちらで擁護している。しかし、チーム合流後2カ月を経過して、未だ周囲とサッカービジョンの共有に苦しむ場面は、ユベントス戦の終盤でも見られた。

本田の立場が如実に現れた、2つの場面。

 88分、左サイドでボールを持ったMFカカの眼前には、ペナルティエリア手前でフリーだった本田がいた。しかしカカは、エリア内で2人のマーカーに囲まれていたサポナーラをパスの受け手として選択した。案の定チャンスは潰され、両手を広げてアピールする本田が一人残された。

 本田には、ユベントス戦で屈辱を感じた瞬間が二度あったはずだ。

 一度はユーベDFカセレスと接触したMFポーリが負傷し、ミランベンチがトップ下の交代選手として若手MFサポナーラの名を告げたとき。

 そしてもう一度が、92分。ベンチへ下がるユーベFWテベスへ向けて、サンシーロを埋めたミラニスタたちが万雷の拍手を送ったときだ。

【次ページ】 テベスと本田は、同じ土俵の上にいる。

BACK 1 2 3 NEXT
ACミラン
本田圭佑
クラレンス・セードルフ
ユベントス
カルロス・テベス

ページトップ