JリーグPRESSBACK NUMBER

J1全18クラブ、移籍&近況総まとめ。
W杯シーズンのJはここが来る!(下) 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2014/02/27 10:45

J1全18クラブ、移籍&近況総まとめ。W杯シーズンのJはここが来る!(下)<Number Web> photograph by AFLO SPORT

Jリーグキックオフカンファレンスで握手するC大阪・柿谷曜一朗と広島・青山敏弘。上位を争うことが予想される2チームが開幕戦から激突する。

 3月1日に開幕を迎える2014シーズンのJリーグ。

 前編(上)では仙台から首都圏のクラブを中心に補強動向をまとめたが、中部地方~西日本の各クラブでも大きな動きがあった。

 昨シーズンJ1連覇を果たした広島、1年でのJ1復帰を果たしたG大阪……。果たしてどのような選手陣容になっているのか?

 なお前編と同様、カッコ内は(ポジション/前所属or移籍先)、※1は期限付き移籍、※2は期限付き移籍から復帰、※3は期限付き移籍満了となっている。

●アルビレックス新潟

【主な移籍・加入動向】
In:ソン・ジュフン(DF/建国大)、大野和成(DF/湘南※2)、小林裕紀(MF/磐田)、加藤大(MF/愛媛※2)
Out:東口順昭(GK/G大阪)、酒井宣福(MF/福岡※1)濱田水輝(DF/浦和※3)、三門雄大(MF/横浜FM)

 J1在籍11シーズン目となった新潟はセンターバック候補として、U-22韓国代表のソン・ジュフンと大野を加えた。そして中盤を支えてきた三門が抜けたボランチには、磐田から小林裕とピンポイントで獲得した。

 それ以上に大きな“補強”はFW川又堅碁が残留したことだろう。マルシオ・リシャルデス(浦和)や矢野貴章(名古屋)ら、毎シーズン主力選手が他チームへと移籍し、序盤戦で苦しむ展開が多かっただけに、昨シーズンのリーグ戦2位となる23得点を挙げたゴールゲッターが今年も最前線に構えるのは心強い。21日のJリーグキックオフカンファレンスでも「もっとゴールを増やしていきたい」と語っている。ブラジル人ボランチのレオ・シルバらも健在で、昨季の7位からのさらなるステップアップを目指している。

【次ページ】 ダブルタワーの清水、世代交代が進んだ名古屋。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
アルビレックス新潟
清水エスパルス
名古屋グランパス
ガンバ大阪
セレッソ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
徳島ヴォルティス
サガン鳥栖

ページトップ