スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

テレビならではの五輪の楽しみ方。
「言葉力」で選ぶ、解説のMVPは誰だ。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph bySunao Noto/JMPA

posted2014/02/17 11:40

テレビならではの五輪の楽しみ方。「言葉力」で選ぶ、解説のMVPは誰だ。<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

現地での観戦が持つ臨場感は特別なものがあるが、テレビで、解説や実況を聞きながらスポーツを観る、というのもまた別の意味で特別な体験になりうるのだ。

 オリンピックを全期間、日本のテレビで見るのは8年ぶり、トリノ・オリンピックのとき以来だ。

 今回、実感したのは、

「全体像を把握するには、現場の記者よりも日本の視聴者の方がはるかに有利」

 ということだ。

 もともと、冬のオリンピックはノルディックの山岳エリアと、町中の氷のエリアが離れているので、記者にとって両者をカバーするのはむずかしい。

 たとえば、女子のカーリング取材を優先させてしまった場合(私が現地にいた場合は、そうした可能性が高い)、ノルディック複合、ノーマルヒル個人戦での渡部暁斗の銀メダルは見られなくなる。

 今回のスグレものは、NHKのアプリだった。このアプリとテレビがあれば、もともと競技数の少ない冬季オリンピックの全体像が把握できる。

 びっくりしたのは、男子のカーリングやアイスホッケーなどが見られてしまうこと。こんな贅沢な時代が到来していたとは知らなかった(ロンドンの時もそうだったのかな?)。

 リオデジャネイロ・オリンピックは現地での取材を予定しているので、日本の状況を想像しながら、取材をしなければいけないと実感した。

解説は競技の魅力の「語り部」。今回の殊勲賞は……。

 そしてオリンピックの楽しみといえば、アナウンサーと解説陣の組み合わせ。

 前回、前々回とカーリングの小林宏氏が競技の魅力を十分に伝え、極端な話をすれば、日本におけるカーリングの歴史を変えた。

 今回、解説陣で大きな発見があったのはアルペン競技だ。

 私が小学生の時代は、地上波で放送がありインゲマル・ステンマルク(スウェーデン)や、時代を下って、アルベルト・トンバ(イタリア)など一流のアルペン選手の名前を覚えているのはひとつの「常識」だった。

 しかし、最近では認知度が低くなり、競技の魅力がなかなか伝わりづらくなっている。

 そんな状況であるにもかかわらず、強力な「語り部」がいた。

【次ページ】 現役選手ならではの、スキーを評する一言。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
川端絵美
皆川賢太郎
ソチ五輪
オリンピック

ページトップ