野球クロスロードBACK NUMBER

浅村栄斗、打点王の先に見据える物。
叱責が「レオの天才肌」を強くした。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/02/04 10:45

浅村栄斗、打点王の先に見据える物。叱責が「レオの天才肌」を強くした。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨年はチームで2位となる14盗塁を成功させた浅村栄斗。伊原新監督の下で、昨年以上の成績を残すことができるか。

 それは、5年目での大爆発だった。

 3年目の2011年からレギュラーとして試合には出ていた。しかし'12年までの2年間は打率2割5分そこそこ。本塁打も2ケタに到達しないような凡庸な成績だった男が、'13年になると3割1分7厘、27本塁打。打点に至っては110を叩きだしてタイトルを掴むほどの、著しい結果を残したのだ。

 2013年、西武の浅村栄斗は豊潤な1年を過ごした。

 だからこそ、手綱をしっかりと引き締める。春季キャンプに突入した今、彼は自分に言い聞かせるようにその意図を語る。

「『今年も活躍できるかな?』って不安はありますよ。シーズンが開幕するまでは誰だって不安だと思います。しかもライオンズは、今年のドラフト1位の森(友哉)とか毎年、すごい選手がいっぱい入ってくるんで、必死にやらないとすぐに抜かれる。プロの世界ってそれくらい厳しい場所なんで。だから、キャンプでもやるべきことをしっかりやって、開幕に備えるようにはしていきます」

最低限の結果を残した3年目に生まれた慢心。

 人は浅村を、「野球センスの塊」「天才肌」と表現する。本人も「別に嫌ではないですよ」とその評価を許容するが、実際の浅村栄斗は、キャンプへの強い意気込みからも理解できるように、才能だけで野球をしているような単純な男ではない。

 むしろ、泥臭い。屈辱や蹉跌を経験しているからこそ、より高みを目指し、危機感を抱きながら野球に打ち込もう、と自分の尻を叩くのだ。

 そんな浅村も、時間を少し遡ればセンスに頼っていた時期もあった。

 大阪桐蔭3年夏の甲子園では29打数16安打の打率5割5分2厘、2本塁打、4打点をマークし全国制覇に大きく貢献した。プロでも3年目の'11年にはレギュラーを勝ち取り、2割6分8厘、9本塁打、45打点と最低限の役割を果たせた、と自認していた。

 生まれた感情。それが、慢心だった。

「あんまり練習せんでもやれるやろ」

【次ページ】 '12年序盤戦の絶不調、二軍落ちで考え方を改めた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
埼玉西武ライオンズ
浅村栄斗
渡辺久信
伊原春樹

ページトップ