欧州サムライ戦記BACK NUMBER

エジル、ジルーに感じた別格の“個”。
吉田麻也が「精悍」になった理由。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byAction Images/AFLO

posted2014/01/31 10:55

エジル、ジルーに感じた別格の“個”。吉田麻也が「精悍」になった理由。<Number Web> photograph by Action Images/AFLO

ジルーとは試合中何度もマッチアップし、激しい戦いを繰り広げた。吉田麻也は試合に出場できずにいる間も、着実に進歩を遂げていた。

 ホテルのロビーに姿を現した吉田麻也の表情は、たった2時間前まで激しい戦いの場にいたとは思えないほど、すっきりとしていた。

「今日は本当に勝ちたかった。勝てましたよね」

 試合が引き分けに終わったことへの悔しさをにじませる。それ自体は素直な感情なのだろうが、それでも、どこか充実感に満ちた雰囲気を強く漂わせてもいた。

「久しぶりの疲労感です」

 心地よさそうに、そう話した吉田。首位・アーセナルとの大事な一戦で、先発フル出場。今季、ここまで出番に恵まれていない彼にとって、何物にも代えがたい刺激的な夜だったことは間違いない。

 立錐の余地もない、セント・メリーズ・スタジアム。常に多くの観客で膨れ上がるサウサンプトンのホームだが、この日の空気はまた格別だった。

ディフェンスリーダーの負傷で吉田に回ってきたチャンス。

 順位表のトップを走る、ロンドンの名門・アーセナルを迎える一戦。火曜日夜のウィークデーマッチにも関わらず、チケットは早々に完売。格上を叩く最高の舞台の準備は整っていた。

 リーグ前節の試合で、今季ここまでサウサンプトン守備陣をリードしてきたクロアチア代表DFのロブレンが負傷。全治約1カ月という診断が下された。次の公式戦となった、1月25日のFAカップ・ヨービル戦で吉田は先発出場を果たしたが、ノックアウト方式と言えどもあくまでカップ戦。最も重きを置くリーグ戦で出場してこそ、本格的なアピールにつながる。

 ロブレンを除くチームのCBは吉田を含め3人。いずれも昨季のサウサンプトンを支えてきたDFたちだ。そしてアーセナル戦、吉田はポルトガル人CBのフォンテとともに、4バックの左CBに入ったのだった。

【次ページ】 アーセナル相手に、前半から畳み掛けるサウサンプトン。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
吉田麻也
サウサンプトン
アーセナル
オリビエ・ジルー
メスト・エジル
デヤン・ロブレン

ページトップ