セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

サンシーロで見せた初ゴール。
本田圭佑「ミランの10番」への第一歩。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/01/16 11:55

サンシーロで見せた初ゴール。本田圭佑「ミランの10番」への第一歩。<Number Web> photograph by Getty Images

2試合目にしてミランでの初ゴールを決めた本田圭佑。入団会見でも、ゴールへの欲を隠さなかっただけに、今後も貪欲に狙っていく姿が見られるだろう。

 昨年の夏以来、不在だった“ミランの10番”が、初ゴールとともに本拠地サンシーロへ帰ってきた。

 10番を背負うMF本田圭佑は、15日のコッパイタリア5回戦スペツィア戦で入団後初先発すると、後半2分にチーム3点目となる初ゴールを挙げた。

 チームメイトからもみくちゃにされ手荒い祝福を受けた後、両手を叩き、左手を天に掲げた。まるで誰かにアピールしているようだった。

 12日のサッスオーロ戦翌日、成績不振の責任を問われたアッレグリ監督が解任された。

 2日後に控えていたスペツィアとの1試合のみ、タソッティ副監督が暫定的に指揮を執ることが決まり、ほぼ同時にミランOBであるMFセードルフ(ボタフォゴ)が、電撃引退の末、後任監督として急遽就任することが明らかになった。

 ミランにとっても13年ぶりとなるシーズン途中の監督交代劇の混乱の中で、本田はスペツィア戦のキックオフを迎えた。

 2部チームとの対戦に、タソッティ暫定監督はMFカカをベンチで休ませ、出場停止処分のFWバロテッリの代わりにFWパッツィーニを1トップに置いた。2列目に本田と並べたのは、実績のあるFWロビーニョだ。

ポジション調整で、本田にボールが集まり始める。

 試合の序盤、本田にはボールが集まらなかった。

 前線の3人で組む初めての実戦なのだから、呼吸が合わなくて当然。ボールを持てずに戸惑った本田は、イタリアでのジャッジの基準を読みあぐね、19分には警告を受けた。

 そこで、本田はややポジションを下げた。

 右サイドから攻め込むMFポーリへ高い位置からパスを出すもタイミングが合わず、拙攻に終わっていた。本田は“レジスタ(=指揮者)”と呼ばれる中盤底のMFモントリーボに近づき、ボールを確実に足元でもらえるように位置修正を図ったのだ。

 前半28分にロビーニョが先制点を挙げると、本田にもボールが集まり始めた。32分にはパッツィーニが追加点を挙げる。本田は、FKでのサインプレーや相手DFの裏を突く浮き球パス、サイドチェンジなど、自らの引き出しを一つずつ開けていった。

【次ページ】 俺が10番だ。本田のプレーがそう言っていた。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ACミラン
本田圭佑
クラレンス・セードルフ
カカ
マリオ・バロテッリ
ジャンパオロ・パッツィーニ
リッカルド・モントリーボ
ロビーニョ
マウロ・タソッティ

ページトップ