スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

衰えたジーターに3年51億円は妥当?
ヤンキースの財布を傷める終身雇用。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/12/13 10:30

衰えたジーターに3年51億円は妥当?ヤンキースの財布を傷める終身雇用。<Number Web> photograph by Getty Images

ニューヨーカーだけでなく全米で絶大な人気を誇るジーター。オールジャンルのスポーツマン人気投票でも常に5本指に入る。殿堂入り、永久欠番もほぼ確定している晩年を迎えた選手は……やはり扱いが難しい

 ジーターがいないヤンキースは、やっぱりヤンキースじゃない。

 今年のストーブリーグの最大の注目は、クリフ・リーがどのチームと契約するかということにあるが、ヤンキース・ファンはジーターとヤンキースの再契約交渉が滞りなく進むことを祈っていた。

 交渉の結果、少なくとも2013年までジーターはヤンキースでプレーすることになった。しかし会見では、交渉の進捗状況が報道されたことに不快感を示した。スマートなジーターにしては珍しいリアクションだった。交渉が決して、和やかなものではなかったことが想像された。

実力を取るか、ブランド優先か……ヤンキースのジレンマ。

 2010年のシーズンが終わり、ジーターとヤンキースの10年間、約189億円(過去数年の為替変動を鑑みて1ドル=100円にて計算。以下同様)に及ぶ契約が満了した。この間、ワールドシリーズ制覇は1回だけだったが、ジーターはヤンキースの主将としての重責を十分に果たしたと言えるだろう。

 ジーターとしてはフリーエージェントになったとは言っても、他の球団に移籍する選択肢は現実的にはなかった。彼は入団した最初の日から、「キャリアをヤンキースで終えたい」と話し、それを実現しようと奮闘していると言ってもいいからだ。

 難しかったのは、球団側の対応である。

 ヤンキースとすればルー・ゲーリッグ以来ともいわれる「ヤンキースの顔」を手放すわけにはいかない。そんなことをすればファンもメディアも黙っていない。つまり、球団のブランドに傷がついてしまう。

 ヤンキース側のジレンマは、ジーターが選手としてのピークをすでに過ぎている……そう判断されることだった。

 ジーターは36歳。メジャーリーグでは選手のピークは20代後半から30代前半までと見なされており、ジーターの全盛期は過去のものという見方が一般的である(メジャーでは最初のFA権を獲得するのがちょうどこの年齢となる。日本では大卒の選手だと峠を越してからFAとなることが多い)。

【次ページ】 衰え始めた大看板の処遇をヤンキースは決めかねていた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
デレク・ジーター
ニューヨーク・ヤンキース

ページトップ