Web Original
競馬コラム
道中馬群に完全に包まれてしまうという不利も響いたのか、それとも斤量差のせいだったのか、オルフェーヴルは直線でトレヴとの差を縮めることはできなかった。
photograph by Tomoki Momozono
沸騰! 日本サラブ列島

あのオルフェが“100%の力”で完敗。
トレヴが見せつけた凱旋門の高き壁。

島田明宏 = 文

text by Akihiro Shimada

photograph by Tomoki Momozono

 やはりまだ、世界との間には「壁」があるのだろうか。「この2頭ならワンツーフィニッシュも」と期待されていたオルフェーヴルとキズナは、それぞれ2、4着に敗れた。

 10月6日(日本時間同日深夜)、世界最高峰のGI、第92回凱旋門賞がロンシャン競馬場の芝2400mで行われた。

 前日、ブックメーカーで2番人気に支持されていたノヴェリスト(ドイツ)が熱発のため出走を取り消し、5カ国の17頭による争いとなった。

 金曜日の枠順抽選会の時点で、武豊が「切れ味が怖い」と警戒していたザフューグ(アイルランド)が回避しており、日本馬に流れが向いてきたのかと思われたのだが――。

 勝ったのは、これで戦績を5戦5勝とした3歳牝馬のトレヴ(フランス)だった。

理想的なポジションが取れた日本勢だったが……。

 ゲートがあくと、クリストフ・スミヨンが操るオルフェは後方の内に控え、武のキズナはそれを見るように後方の外で折り合いをつけた。

 武は言う。

「いつものようにゆっくりとしたスタートになりましたが、他馬の動きを見られるいいポジションがとれました。近くにオルフェーヴルがいて、トレヴの真後ろだった。ベストポジションだったと思います」

 馬群に押し込められるような格好になったオルフェのスミヨンは、

「少し締められた感じはあったが、それほど影響はなかった」

 と振り返る。

 馬群は密集したまま淡々と流れ、4コーナー手前でトレヴが動くと、キズナもそれについていった。

「トレヴが少し早めに動いてくれたので、それをマークしながら最高の形で直線に入ることができました」と武。

 しかし、そこからトレヴは桁違いの瞬発力を発揮し、独走態勢に入った。

 オルフェやキズナも伸びてはいたのだが、追いつけそうな気配のまったくないワンサイドゲームだった。トレヴが2分32秒04でゴールを駆け抜け、92代目の凱旋門賞馬となった。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「トレヴの強さにあぜんとしました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • deliciousに追加
競馬 トップへ ナンバーウェブトップへ

沸騰! 日本サラブ列島 バックナンバー

ランニング特集 『Number Do』 第2号発売中! 見つけよう私の健康ノウハウ「カラダStylen for MEN」
言わせろ!ナンバー最新の投稿
高校野球、甲子園大会でのタイブレーク導入に賛成? 反対?
反対

負けた方に悔いが残るはず。 まっさらな状態でやるべき! その前に、高校野球のスケジュール自体を 変える必要がある。健康管理  …すべて読む

横綱物語さん
2014/07/23 11:26
に投稿
高校野球、甲子園大会でのタイブレーク導入に賛成? 反対?
反対

こういった変化は、選手の為であり、観客の為であるなら「是非やっていただきたい」と思うのですが・・・ タイブレーク制は、WB  …すべて読む

i formationさん
2014/07/23 00:00
に投稿
言わせろ!ナンバーについてお題をもっと見る
  • NumberはW杯期間中“週刊誌”になります!
最新号表紙
857
7月17日発売
ブラジルW杯2014 The Final