SCORE CARDBACK NUMBER

石井慧を掌中に中国進出。
猪木の炎は衰えを知らず。
~迫るIGF初代王者決定戦~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/10/19 06:00

9月21日、AKB48のじゃんけん大会に出場、いつ何時誰とでも決めるお約束の「ダーッ!」

9月21日、AKB48のじゃんけん大会に出場、いつ何時誰とでも決めるお約束の「ダーッ!」

 IGFを運営するアントニオ猪木の身辺が俄かに賑やかになってきた。

 9月25日、東京・JCBホールで行なわれた猪木デビュー50周年記念大会「GENOME13」では、大麻所持で逮捕された元幕内力士・若麒麟、鈴川真一がプロ格闘家として再出発。30kgの減量に成功した鈴川は、元UFC初代ヘビー級王者マーク・コールマンに張り手と掌底の連打を浴びせて、戦意喪失に追い込み、11分58秒のTKO勝ち。“改心”のデビュー戦を飾った。

 同じ日、名古屋の日本ガイシホールでは「DREAM16」が開催され、総合格闘家・石井慧がミノワマン相手に3-0の判定勝ちを収めた。“燃える闘魂”の赤いタオルを首に巻き、猪木公認でテーマ曲「イノキボンバイエ」に乗って入場した石井は、国内戦初勝利に舌も滑らか。一夜明けた会見ではK-1参戦を表明したばかりか、柔道界とIGFの大先輩・小川直也との対戦をぶち上げた。「オファーが来ているし、タッグマッチでもいい。パートナーはミノワマン選手にお願いしたい」と言うのだから本気である。

石井慧の相手は小川直也かそれとも鈴川真一か。

 IGFでは12月3日、両国国技館で「INOKI BOM-BA-YE」を開催する。メーンは、IGF初代王座決定戦を予定。「誰でも参加してほしい」と呼びかけている。だが、石井に挑発された肝心の小川は、IGFの興行に拒否反応を見せており、現時点での参戦は難しい状況だ。

 石井vs.小川戦実現となれば、ファンも大歓迎のカードだろうが、「さあー、どうだろうね」と、こと小川に関しての猪木の反応は素っ気ない。そこで浮上してくるのが、石井vs.鈴川という、想像もしなかった異色のカードだ。いずれにせよ、IGFの初代王座決定戦は、猪木の掌中にある。これからどんな選手の名が飛び出してくるか、興味津々である。

 今年の猪木は、67歳とは思えぬほどエネルギッシュに活動している。米国のメジャー団体WWEの殿堂入りに続き、9月には北朝鮮の第12回平壌国際映画祭に来賓として招かれ、北朝鮮から親善勲章第1級を授かったばかり。9月25日のJCBホール興行が満員の盛況だったことから、12月5日、IGFの中国初進出を発表するご機嫌ぶりだ。暮れまで猪木の一挙手一投足を見落とせなくなってきた。

■関連コラム► DREAMでの“完勝”では物足りない! 石井慧に日本格闘技界が望むこと。
► 殿堂入りで“再起動”。猪木とWWEの深い縁。~デビュー50周年の“燃える闘魂”~

ページトップ