NumberEYESBACK NUMBER

“鬼軍曹”山本小鉄、
新日本に捧げた生涯。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2010/09/26 08:00

“鬼軍曹”山本小鉄、新日本に捧げた生涯。<Number Web> photograph by Essei Hara

 訃報が相次ぎ心が痛む。新日本プロレスの顧問・山本小鉄(本名・山本勝)さんが8月28日午前6時42分、静養先の長野県軽井沢町の病院で低酸素性脳症のため亡くなった。68歳だった。

 小鉄ちゃんと筆者は、彼がデビューした1963年からの付き合い。大のビール党だ。忌憚なくプロレス談義が出来た最強の友だった。残念でならない。

「随分デカイな。現役の頃より大きいじゃないか。俺の二代目になる(筆者は脳梗塞の後遺症で右半身不随)ぞ! 少し落としなよ」

「ウフフッ……。110kgぐらいかな。今でもスクワット、ガンガンやっているから大丈夫だよ」

 まさか冗談半分に交わした会話が最後になるとは……。小鉄ちゃんと後楽園ホールで会う度に、親指で彼の脇腹を突っつき、イエローカードを出してきた。筆者より4つ年下だ。やりきれない。

“鬼軍曹”同士の切磋琢磨が盛り上げた新日vs.全日の構図。

 創立者アントニオ猪木と共に新日本の基礎を築いた。鬼軍曹というキャラクターとカリスマ性を語る上で忘れられないのは日本プロレス時代の先輩、故・マシオ駒の存在だ。

 駒は早実の野球部出身でジャイアント馬場の付き人第1号。小柄でスピーディ、ガッツのある選手だった。小鉄ちゃんは駒を尊敬し、仲も良かった。その駒は'72年に日プロを退団し、馬場に従い全日本設立に参加。現場監督として若手の先頭に立った。

 それでも、2人の仲は不変。ライバル団体同士という関係にありながら、互いに選手の指導法について意見交換し、電話で相談し合っていた。猪木と馬場が冷戦状態にあった時期、“鬼軍曹”同士が若手育成について話し合っていたのだから鳥肌が立つ。

 小鉄ちゃんは、リトル浜田、藤原喜明、荒川真、栗栖正伸、小林邦昭、といった不揃いのヤング・ライオンを鍛え、一人前に育てた。一方、駒も大仁田厚、渕正信、故・薗田一治の若手三羽烏を育て、大型新人のジャンボ鶴田を鍛えた。コーチという責任ある立場でも、互いに負けまいと切磋琢磨し、それぞれの団体の力を付けた。だから、'70年代の新日本vs.全日本の対立構造は刺激的で面白かったのだ。

【次ページ】 不本意な突然の引退と猪木との間に生じた亀裂。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
新日本プロレス
山本小鉄

ページトップ