オリンピックへの道BACK NUMBER

リオ五輪占う、競泳日本選手権開幕。
1994年生まれの“黄金世代”に注目! 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/04/07 08:00

リオ五輪占う、競泳日本選手権開幕。1994年生まれの“黄金世代”に注目!<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年11月の競泳W杯東京大会の記者会見に出席した萩野公介、山口観弘、瀬戸大也(後列左から)。

 4月11日から14日まで、競泳の日本選手権が新潟県長岡市で開催される。7月から8月にかけてスペインのバルセロナで行なわれる世界選手権、7月にロシアのカザンで行なわれるユニバーシアードの日本代表選考を兼ねた大会だ。

 世界選手権の選考基準は、オリンピックで実施されている種目については、決勝で2位以内、なおかつ日本水泳連盟が設けている2種類の派遣標準記録のIIを突破すること、オリンピックで実施されていない種目は決勝2位以内で派遣標準記録のIを突破することと定められている。派遣標準記録とは、日本水泳連盟が世界ランキングをもとに作成しているもので、世界大会で8位以内に入ることができるレベルのタイムをI、16位以内をIIとしている。今回もこれまで同様、「一発選考」である。

 ただし、ロンドン五輪でメダルを獲得した選手は、その種目にかぎり、日本選手権に出場すれば世界選手権の代表となる。

 ロンドン五輪では、戦後最多となる11個のメダルを獲得した日本競泳チームにとって、2016年のリオデジャネイロ五輪へ向けての最初のシーズンである。

 まず注目したいのは、昨シーズンから活躍が目立ち、この4月、そろって大学に進んだ3人の選手だ。

ロンドン五輪銅メダルの萩野に触発された瀬戸も発憤。

 その先陣を切ったのが、萩野公介である。

 ロンドン五輪に出場し、競泳種目初日に400m個人メドレーで銅メダルを獲得し、日本チームに勢いをつけた。萩野の魅力は、背泳ぎの100、200mでも入江陵介の高校記録を破ったように、幅広い種目で活躍する可能性を秘めることだ。以前、「どの種目でも勝てるのが強い選手だと思います」と語ったことがある。今大会でも6種目にエントリーしているが、各種目での泳ぎが楽しみなところだ。

 萩野とライバル関係にあり、勢いに乗っているのが早稲田大学に進んだ瀬戸大也だ。

【次ページ】 「松田(丈志)さんに勝ててうれしいです」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
萩野公介
瀬戸大也
松田丈志
山口観弘
平井伯昌
寺川綾
北島康介
入江陵介

ページトップ