Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<日本一の兄弟競輪レーサー> 村上義弘&村上博幸 「魂の轍」 

text by

後藤正治

後藤正治Masaharu Goto

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/04/15 06:00

<日本一の兄弟競輪レーサー> 村上義弘&村上博幸 「魂の轍」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama
日本一の兄弟がいる。観る者の心を揺さぶる渾身の捲りで
昨年暮れの大一番グランプリを制し、初の賞金王に輝いた
兄・義弘は、今春、2度目の日本選手権優勝を成し遂げた。
弟・博幸は2010年、切れ味鋭い追い込みで、兄よりも早く
ダービー王とGPレーサーの称号を掴み、頂点を味わった。
競輪道を真摯に歩む二人の人生の光芒が放つ、熱き魂の物語。

 競輪界最大のレース、「KEIRINグランプリ2012」は12月30日、調布・京王閣競輪場で行なわれた。1着賞金1億円。勝者は年間の賞金王となり、2013年、ナンバーワン選手を意味する白いユニフォームの1番車を背負って走り続ける。

 映像が残っている。レース前、夜間照明が満員の場内を照らし、大粒の強い雨がバンクを打っている。大一番の勝負のとき――。緊迫した気配が伝わってくる。

 各スポーツ紙の予想欄。二重丸は武田豊樹、成田和也、長塚智広……と散らばっている。京都の村上義弘は4番車。38歳。無印なのは、練習時に肋骨を骨折したというニュース等が伝わっていたからであろう。もとより最高クラスS級S班の一人、実績とキャリアは十分であった。

「周りが雨を嫌がるなら自分が有利」と語った村上義弘の激走。

 選手にとって、走路が滑る雨は嫌なものだろう。ただ、村上は雨を苦にしないという評もある。

「ああ降ってるな、と思うだけで気にはしないですね。周りが雨を嫌がるなら自分がそれだけ有利とも思う。それに、実はあんなに激しい雨が降っていたんだとわかったのはビデオでレースを見返したときなんです。それほどレースに向って集中していた」

 競輪は「ライン」の形成が軸となるが、近畿勢は村上一人。「単騎」であった。ジャンが鳴り、残り1周半。各車の動きが激しくなる。最終2コーナー、先行する深谷知広の3番手にいた村上は果敢に捲りを仕掛け、3コーナーで早くも先頭へと躍り出る。

「描いていた通りの展開でしたね。ゾーン的な感覚というのか、前は無論、後ろの車体も視えていて、選手たちの心の中も感じるようなといいますか……。踏み込んで行く一瞬のタイミングだけを計っていた。多分、深谷が仕掛けるだろう。自分は自分のタイミングで行くと。アタマよりも体が反応していました」

読み、展開、タイミング……2cmのタイヤ差を制した最高のレース。

 村上が先頭で直線へ。外から追い込む車体が二つ。必死のもがき合いの中、2車が横一線でゴール。どちらが勝ったのか――。ひと呼吸、さらにもうひと呼吸おいて、村上が両手を突き上げた。

「ゴールした瞬間、タイヤ差で残ったと思いつつ、成田が小さく手を上げた。あれっと思いましたが、やはりわずかに残っていました。振り返っていえば、読み、展開、タイミングと何もかも計ったようにいった最高のレースでしたね」

 2着成田との差はわずか2cmのタイヤ差。3着浅井康太との差は2分の1輪差。ラスト、トッププロたちが僅差でせめぎ合う。グランプリに相応しい激闘だった。

【次ページ】 幼少のころから父と競輪を見に行き、奥深さを知った。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
村上義弘
村上博幸

ページトップ