南ア・ワールドカップ通信BACK NUMBER

W杯で南アはどう変わったのか?
サッカーと地元経済の切実な関係。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

posted2010/06/29 11:55

W杯で南アはどう変わったのか?サッカーと地元経済の切実な関係。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

  ヨハネスブルク郊外のランドブルクでタクシーに乗った際、世の中を憂える顔をした運転手に聞いてみた。いまこの国が抱える一番の問題は何かと。

 治安の話をした直後だったので、期待していた答は「犯罪の多さ」である。 

 ところが返ってきたのは「失業者の数」だった。

 もっともだ。仕事があれば、ひったくりや強盗だって減るに違いない。

 2009年の南アフリカの失業率は23.9%。ワールドカップのおかげで2006年以降30万人分の雇用が創出されたのに、この酷さ。

 今年の上半期にはさらに悪化して、25.2%になったそうだ。特に4月と5月は大会関係のインフラ工事が終了したせいで、ぐっと上がったという。

 ワールドカップが始まった後、ズマ大統領は大会が持つ経済効果について語っていた。今回の開催により南アフリカのGDPは成長する、雇用機会も増えると大統領は確信しているらしい。

ズマ大統領が言うW杯の経済効果はほとんど感じられない。

 だがいまのところ、街中の広告や商店の飾り付けやテレビの特別番組を除いて、景気の良さそうな感じはあまりしない。

 そこで市井の声を聞いてみた。

――と言うとカッコイイが、行った先はランドブルクの目抜き通りの交差点。要はホテルの真ん前である。

 ここに、他の大きな街角同様、毎日少年たちが立つ。信号待ちの車を相手に出場国の旗やマフラーやブブゼラを売っているのだ。

 定番はもちろん南アフリカの国旗。その他の売れ筋は当日試合がある国や、ブラジル、イングランド、アルゼンチンなどの人気国。一回り大きなサイズを前面に出して、車の間をセールスして廻っている。ちなみに、我らが日本の旗は試合日になっても“お薦め品”にはならなかった。

この国の平均給与水準は1日当たり1200円程度だが……。

「確かにワールドカップのおかげで儲かったよ。一番稼いだときで、一日1000ランド(約1万2000円)近くいったな」

 18歳のフィレモンはいう。

 この国の平均的な給与水準はというと、車社会ゆえ至る所にあるガソリンスタンドで働いての日給100ランド程度(約1200円)。ビシッとした制服を着ているホテルの門衛でも、一日150ランドほどしかもらえない。1000ランドはたいした額だ。

「特に開幕前後は飛ぶように売れた。だから仕事のなかった友達も誘ってやった。一緒にやろうって」

 フィレモンがやっているような路上の商いは、届け出など一切なしで勝手に始めるもの。よって国の税収は増えないけれど、一国の経済活動の10%から20%はこうした“闇の商売”が占めているというから、見逃せない好況である。失業者数だって現にここで1人減っているのだから。

【次ページ】 南ア代表が負けて、路上の少年たちの商売も終わった。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
南アフリカW杯

ページトップ