野ボール横丁BACK NUMBER

なぜ菊池雄星の球威は落ちたのか?
速球派の新人投手に待ち受ける罠。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/01/20 08:01

なぜ菊池雄星の球威は落ちたのか?速球派の新人投手に待ち受ける罠。<Number Web> photograph by Kyodo News

ドラフトで1位指名を受けた楽天・森雄大。「新人王を獲るぐらいの気持ちでやりたい。そして、いつかWBCのメンバーに入って、日本を代表するような左投手になりたい」

 楽天のドラ1ルーキー森雄大が、不思議そうに話していた。

「プロに入ったら球速が落ちるピッチャーが多いじゃないですか。あれって、何でなんですかね」

 森の高校時代の最速は148キロだ。好調時のストレートの感触をこう語る。

「ボールをリリースする直前、ボールが一瞬、宙に浮く。それを上から、ガーンとたたき下ろす感じ。その感触があるときは、ほとんど打たれたことがない」

 順調に成長すれば、150キロの壁を破るのも時間の問題だと思われる。

 確かに、アマチュア時代は軽く出ていた150キロ近い速球が、プロに入った途端、130キロ終盤ぐらいに落ち着いてしまうという投手をよく見かける。

 最近では、西武の菊池雄星がそうだった。昨年あたりからようやく球速が戻ってきたが、最初の1、2年は、高校時代の150キロ台のストレートはすっかり影を潜めてしまった。

「二軍ではストライクが入るけど、一軍に上がると入らなくなる」

 日本人として初めて160キロの壁を破った元ヤンキースの前田勝宏が、こんな「意外」な話をしていたことがある。

「西武時代は、二軍ではストライクが入るんだけど、一軍に上がるとストライクが入らなくなった。球速も140キロも出ないこともあった。自分の中では、こういう体勢で投げにいって、ここで壁をつくって、ここで離すというイメージがあるんです。でも、一軍だと、その形ができる前に投げてしまう」

 前田のイメージを決定づけたのは西武入団3年目、1995年オフの「退団騒動」だった。

 西武との契約更改を拒否し、アメリカ行きを熱望。その態度に根負けした西武は、いったん契約を結ばせ、翌年5月に金銭トレードで前田をヤンキースへ放出した。

 一連の行動によって「わがままだ」、「自分勝手」だというバッシングを浴びたが、神戸弘陵時代の恩師、石原康司氏が「元来は、繊細で、優し過ぎるぐらいの男」と話すように、実際の前田は、世間で思われているほど図太い男ではなかった。

「一軍で活躍できなかった理由は、今になるとわかる。怖さですよ。打たれるんじゃないかという怖さがあるから、いつものフォームで投げられなくなってしまうんです」

【次ページ】 二軍で非常に優秀な選手が、一軍だと全然ダメな理由。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
東北楽天ゴールデンイーグルス
森雄大
菊池雄星
埼玉西武ライオンズ
前田勝宏
横浜DeNAベイスターズ
後藤武敏

ページトップ