スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ごぼう抜きの走りを見せるランナーは?
箱根駅伝で絶対に見逃せない選手達。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/12/25 10:30

ごぼう抜きの走りを見せるランナーは?箱根駅伝で絶対に見逃せない選手達。<Number Web> photograph by Kyodo News

出雲全日本大学選抜駅伝で優勝した際の青学大のメンバー。

 箱根駅伝がいよいよ目の前に迫ってきた。そこで、プレビュー記事の第一弾として、注目の選手をピックアップしてみたいと思う。

 今回の箱根では、上位校の力が拮抗していることもあって、順位変動の激しいレースになるかもしれない。12月10日には20チームの監督が勢揃いして記者会見が行なわれたが、青山学院大の原晋監督は、

「今回は混戦になると思います。展開によっては8区、9区、10区での逆転劇もあるでしょう。その意味では、後半に戦力を温存できる学校が強いでしょうね」

 と話していた。

 往路で流れを作れる選手、そして復路で順位を押し上げられる選手が重要なのだ。今回、紹介する3人の選手たちは、いずれもチームをトップへと浮上させられる実力の持ち主たちだ。

優勝候補・早稲田のエースは「花の2区」に登場か?

● 大迫傑(早稲田大学)

 過去2回、いずれも1区を走って区間賞を獲得した大迫。早大のエースであり、特に2011年に優勝した時は、大迫の飛び出しが大きな勝因となった。

 前回は各校とも大迫へのマークを徹底させたため、思ったような差をつけられなかったが、今回は1区を離れて2区か、3区での起用が予想されている。

 今シーズンはオリンピックを目指し、意欲的に練習に取り組んだと渡辺康幸監督も大迫を絶賛、スピードだけではなくて力強さも備わってきた。

 個人的には大迫は「花の2区」に登場して欲しい。早大は1区をトップと30秒程度の差でしのぎ、大迫で一気に首位に立って流れを作る。そうすれば後続の選手たちもベストのパフォーマンスを発揮できるはずなのだ。

 ただし、3区での起用もありうる。平坦なコースでタイムが出やすく、大迫向きのコースなのだ。

 いずれにせよ、大迫が走り終えた時点で、早大はトップに立っていることが優勝への条件といえるだろう。

【次ページ】 復路9区にエースを投入する駒澤は区間新で首位に?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
青山学院大学
原晋
早稲田大学
大迫傑
渡辺康幸
窪田忍
駒澤大学
久保田和真
RUN特集
箱根駅伝

ページトップ