REVERSE ANGLEBACK NUMBER

それでもJ1にはガンバが必要だ!
最終戦で気づいた“ゆるい”魅力。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/12/05 10:30

それでもJ1にはガンバが必要だ!最終戦で気づいた“ゆるい”魅力。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

現代表の中心選手である遠藤、今野、さらにキャプテンには元代表の明神がプレーと豪華メンバーが揃うガンバ。だが、最後まで攻守のバランスを取ることはできなかった。

 11月27日の東京新聞の朝刊を見ていたら、興味深い記事が載っていた。ジュビロ磐田の前田遼一にシーズン最初のゴールを奪われたチームはJ2に降格するというのだ。

 2007年の甲府からはじまって去年の山形まで5年連続で初ゴールを奪われたチームは降格している。そして今シーズン前田が最初のゴールを決めたのは最終戦にJ2降格がかかるガンバ大阪だった。ガンバの最終戦の相手は、あろうことか前田のいるジュビロだ。

 サッカーファンの間では有名なジンクスかもしれないが、こちらははじめて知って驚いてしまった。これは確かめないわけには行かない。

 最終戦。結果はあらためて書くまでもない。ガンバはJリーグ発足以来はじめてのJ2転落が決まった。

 この試合を決めたのも前田だといってよいだろう。ジュビロの先制点は相手DFがゴールの中に体を入れて辛うじてクリアしたボールを、よく詰めていた前田が右足に当てて押し込んだものだった。同点になってからの後半の決勝点は前田のアシストによるもの。1ゴール1アシストの活躍で、自らの「呪い」の正しさを示して見せたわけだ。

ガンバの奮闘に最後まで応えたジュビロの正々堂々。

 ただ、試合は、そうしたオカルト的興味などと関係なく面白かった。

 降格や昇格のかかる試合はたいてい白熱するものだが、この試合も最初から攻撃的なプレーがあちこちで見られ、きびしい攻防が繰り広げられた。その一方で汚いプレー、無用なラフプレーは少なかった。

 審判もすばらしかった。よほどひどいプレーでなければファウルは取らず、ゲームの流れをよくすることに気を配り、スピーディーな展開を陰で演出し、サポーターを大いに沸かせた。

 ジュビロのゲームに対する姿勢もすがすがしかった。

 後半40分に勝ち越し点を奪ったあとも、相手陣内でじらすようにボールをキープすることなく、ゴールをねらうファイティングスピリットを見せて、必死に追いすがるガンバの奮闘に応えた。

【次ページ】 1発殴ると2発食らうガンバのほころびが降格を招いた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ガンバ大阪
ジュビロ磐田

ページトップ