Number on NumberBACK NUMBER

大舞台での自己ベスト。
~五輪で真価を発揮した選手たち~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byNaoki Ogura /JMPA

posted2012/09/20 06:01

大舞台での自己ベスト。~五輪で真価を発揮した選手たち~<Number Web> photograph by Naoki Ogura /JMPA

ロンドン五輪では、陸上男子100mと男子4×100mリレーに出場した、慶応義塾大学2年の山縣亮太(20歳)。準決勝3組では、10秒10の6位となり、惜しくも決勝進出を逃した。

 ロンドン五輪では日本が史上最多となる38個のメダルを獲得したが、ロンドンで「自己ベスト」を出した選手は、実はそれほど多くなかった。陸上競技、水泳、重量挙げといった記録で順位の決まる競技で、日本は13個のメダルを獲っている。

 だがその中で、選手が自己ベストを出して獲ったメダルは、次の4個だけだった。

 ◇水泳
  萩野公介   400m個人メドレー 銅
  寺川綾     100m背泳ぎ 銅
  鈴木聡美   200m平泳ぎ 銀

 ◇重量挙げ
  三宅宏実 48kg級 銀

 水泳では女子400mメドレーリレーも日本記録を出しての銅メダルだったから、これも含めれば5個になる。逆から見れば、それ以外のメダルは、自己ベストを出さなくてもメダルが獲れるくらい選手のレベルが高かったということだ。二つの個人メダルを獲得した背泳ぎの入江陵介は2種目とも自己ベストを破ることはできなかったが、100mで銅、200mでは銀だった。五輪でメダルを獲るというのは、基本的にはこのように「自己ベストに届かなくても世界の3位以内には入れる」というくらいの地力の高さが必要になる。

五輪で最高のパフォーマンスを見せるのは、非常に価値があること。

 それだけに、五輪の舞台で自己ベストを出すというのは、非常に価値のあることだ。最も大きな舞台で、最高のパフォーマンスをする。アスリートにとって、これにまさる価値はない。そもそも、日本から出場している選手たちは、陸上競技や水泳なら参加標準記録を突破しているし、重量挙げなら入賞の可能性がなければ派遣されない。メダルを争うレベルではなくても、ワールドクラスのアスリートであることは間違いないのである。彼らが最高の舞台で残した自己ベストには大いに注目したい。

●ロンドン五輪で自己ベストを記録した主な日本選手
競技 選手名 年齢 種目 過去のベスト 五輪での記録 五輪成績
陸上 山縣亮太 20 100m 10秒08 10秒07 準決勝
新谷仁美 24 5000m 15分13秒12 15分10秒20 予選
水泳 渡邉一樹 25 200m背泳ぎ 1分56秒83 1分56秒81 6位
萩野公介 17 400m個人メドレー 4分10秒26 4分8秒94 銅メダル
寺川綾 27 100m背泳ぎ 59秒08 58秒83 銅メダル
鈴木聡美 21 200m平泳ぎ 2分22秒99 2分20秒72 銀メダル
重量挙げ 三宅宏実 26 48kg級 191kg 197kg 銀メダル
水落穂南 19 48kg級 175kg 176kg 6位
※山縣亮太は予選、渡邉一樹は準決勝で自己ベストを記録。
   年齢はそれぞれ記録を出した時点。

 今回、メダリスト以外で自己ベストを出した主な選手は次の通りだ。陸上競技で男子100mの山縣亮太。女子5000m、1万mの新谷仁美。水泳で男子200m背泳ぎの渡邉一樹。そして重量挙げで女子48kg級の水落穂南である。

 その中でも山縣の走りは画期的なものだった。彼が予選、準決勝で見せたレースは、日本の陸上競技史上、きわめて重要なパフォーマンスであり、驚くべきものだった。

【次ページ】 初の五輪で山縣が叩き出した、驚くべき「10秒07」。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
萩野公介
寺川綾
鈴木聡美
三宅宏実
山縣亮太
新谷仁美
渡邉一樹
水落穂南
ロンドン五輪
オリンピック
水泳
重量挙げ

ページトップ