野ボール横丁BACK NUMBER

今夏の“奪三振王”桐光・松井裕樹。
常総学院を手玉にとった投球術とは? 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/08/16 18:10

今夏の“奪三振王”桐光・松井裕樹。常総学院を手玉にとった投球術とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

今治西から22個、常総学院から19個の三振を奪った桐光学園の松井裕樹。一大会の最多奪三振記録は1958年の坂東英二(徳島商)の83個。あと43個の三振を取れるか?

「22奪三振男」こと、桐光学園(神奈川)の2年生左腕、松井裕樹は初戦ですべてを出し切ったわけではなかった。

 最終回だった。

 無死走者なしから常総学院(茨城)の6番・吉沢岳志と7番・菅原拓那は、続けてベース手前でワンバウンドするスライダーで空振り三振に切って取られた。

 その光景が物語っていたものは、実は、スライダーの「キレ」だけではなかった。

2試合続けてあんな凄い投球ができるわけがない!

 松井は、本物か否か――。

 初戦の今治西(愛媛)戦で、10連続三振を含む22奪三振という途方もない大記録を打ち立てた松井だが、メディアの間では2試合続けてそんな投球ができるものではない、という見方が大半だった。

 8月16日の第2試合、桐光学園vs.常総学院。松井は、この日も19個もの三振を積み上げ、後半追い上げられたものの7-5で完投勝利を挙げた。

 初戦のデータがある上に、試合間隔が6日間も空き、データを分析する時間も十分にあった。しかも、相手は二度の全国制覇を誇る名門、常総学院である。そのことを考えると、初戦の22奪三振以上に価値のある記録だと言ってもいいかもしれない。

杉内俊哉とダルビッシュ有を引き合いに評された松井。

 常総学院の監督・佐々木力は、試合前、松井のことを評するのに2人のプロ野球選手の名前を引き合いに出した。

「あのスライダーは、巨人の杉内(俊哉)選手レベルじゃないですかね」

 もう1人は、自身がコーチ時代、'03年夏の決勝戦で実際に対戦し、攻略した東北高校(宮城)の投手の名前だった。

「ダルビッシュ君と違って、松井君は、腕を思いっきり振ってきますからね。低めの変化球は振るなとは言っても、やっぱり手は出ちゃうかもしれませんね……」

 実際、19三振の内、11個の決め球は変化球だった。

【次ページ】 「(ボールが)途中で消えるような感覚がありました」

1 2 NEXT
松井裕樹
吉沢岳志
佐々木力
内田靖人
菅原拓那
常総学院高校
桐光学園高校

ページトップ