野球善哉BACK NUMBER

東海大甲府、一躍優勝候補へ名乗り!
強打の名門校を抑えたエース神原友。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/08/17 19:30

東海大甲府、一躍優勝候補へ名乗り!強打の名門校を抑えたエース神原友。<Number Web> photograph by Kyodo News

9回のピンチの場面なども含め、結局一人で投げ抜いた東海大甲府のエース神原。「サードのファインプレーなど守備に助けられ、最後まで投げることができた」と試合後に全員野球をアピールした。

 試合前からワクワクした。

 8月17日、第3試合のカード。龍谷大平安(京都)vs.東海大甲府(山梨)の両ナインが、非常に強く相手を意識していたからだ。

 初戦の成立学園(東東京)戦で88球完封勝利を挙げた東海大甲府のエース、神原友はこう言っていた。

「相手は全国レベルの“強く振ってくる打線”なので、挑戦者の気持ちでぶつかっていきたい。監督からは後ろ(控え投手)に本多(将吾)がいると言われていますが、一人で投げ切りたい」

 対する龍谷大平安の主軸打者3人は、こう意気込んでいた。

「相手はいい投手だと思う。ストレートに自信を持っているみたいなので、初球から狙っていきたい」(1番・井沢凌一朗、1回戦の旭川工戦で2本塁打)

「相手の投手は自信を持っているピッチャーだと思うので、その球を(スタンドに)放り込みたい。普通にやれば、打てると思う」(主将で3番・久保田昌也)

「インコースに投げてくると思うので、その球を打ちにいきたい」(今大会注目のスラッガー4番・高橋大樹)

 東海大甲府のエース・神原を、スラッガー高橋ら強力打線の龍谷大平安がどう打ち崩すのか……両者のプライドが激しくぶつかる予感はしていた。

9安打9奪三振2失点の完投で、予定通りに勝ったエース神原。

 結果は4-2で東海大甲府が勝利。9回100球、9安打9奪三振2失点の完投で、神原に軍配が上がった。

 この対決、勝敗を分けたのは神原の投球術の巧さだ。引き出したのは捕手・石井信次郎のリードである。

 まず1回裏、龍谷大平安の1番・井沢への初球。神原が投じたのは外角のスライダー。

「ストレートを狙っていた」という井沢だが、バットは止まらず、左翼フライに倒れる。

 続いて梅田響、久保田を打ち取り、三者凡退。2回裏には先頭・高橋も、変化球で三振に斬った。

【次ページ】 龍谷大平安の直球狙いを、東海大甲府が逆手にとった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
龍谷大平安
東海大甲府
神原友
高橋大樹
久保田昌也
山本瞬
石井信次郎
原田英彦
新海亮人
渡辺諒
井沢凌一朗
甲子園

ページトップ