ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

絶対に夢をあきらめない……。
寺川綾ら競泳メダリストの五輪秘話。  

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTetsuya Higashikawa/JMPA

posted2012/07/31 11:50

絶対に夢をあきらめない……。寺川綾ら競泳メダリストの五輪秘話。 <Number Web> photograph by Tetsuya Higashikawa/JMPA

予選タイムでは4位、準決勝で3位、そして決勝で見事銅メダルを獲得した寺川。「ロンドンまでに悔いを残したくない。先は何も考えられない」と五輪大会前に語っており、大会後の現役引退を覚悟で臨んだ本番であった。

 猛烈な追い上げに、この4年間の思いがこめられているようだった。

 7月30日、競泳3日目。背泳ぎ100m決勝に出場した寺川綾は、58秒83の日本新記録で銅メダルを獲得した。27歳での快挙。

 日本にとってはシドニー五輪以来、12年ぶりの背泳ぎ100mでのメダル。しかも、日本競泳女子では史上最年長でのメダルとなった。

 前半は5番手でターン。折り返し、残り20mあたりから追い上げ、3番目にゴール。

 このレース展開は、実は作戦通りだったという。それを実行する冷静さが、メダルをもたらした。

「スパートをかけるときも、ここだ、と自分で判断できた。すごく落ち着いて、うまく練習の成果を出せたと思います」

 と、寺川は振り返る。

 指導にあたってきた平井伯昌コーチも、こう評価する。

「冷静にレースができました。タイムも立派です」

 冷静さをもたらしたのは、この4年の歩みあればこそだ。

日本水泳界の名伯楽・平井伯昌コーチの下で再び世界へ挑戦。

 寺川は、2004年のアテネ五輪に出場し、背泳ぎ200mで8位入賞の結果を残している。だが、'08年の北京五輪では、代表入りを逃した。テレビの前で、オリンピックで泳いでいる選手たちを見た。ただ、悔しかった。

「もう一度、世界で戦いたい」

 それが出発点となった。

 まず寺川は、平井コーチのもとに移籍する。オリンピックで結果を出している選手の指導者と考えたとき、やはり北島康介、中村礼子を教える平井氏が浮かんだのだ。

 そこで、今まで知らなかった世界を知る。

 レースはただ泳ぐのではなく、戦略があること、実戦につながる数々の練習メニュー……。選手とコミュニケーションをしっかり図り、練習の意図を明確に説明するコーチの指導もまた、寺川には新鮮だった。

【次ページ】 引退危機から見事に復活した寺川の覚悟をこそ称えたい。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
寺川綾
平井伯昌
北島康介
中村礼子
入江陵介
萩野公介
松田丈志
マイケル・フェルプス
鈴木聡美
ロンドン五輪
オリンピック

ページトップ